人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2019年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
出版UD研究会発起人 高橋貴子さんのインタビュー記事

昨年の Type&2018「文字を中心にユニバーサルデザインを考える」でご登壇いただいた高橋貴子さんのインタビュー記事が素晴らしいです。ご本人から紹介していただきました。

高橋さんによれば、Type&の講演がきっかけで、トッパンエディトリアルコミュニケーションズ株式会社のオウンドメディア『TEC-LAB+』の取材を受けることになったのだそうです。


以下、高橋さんのインタビュー記事へのリンクです。

第1回 目が見えない人には通用しない。

第2回 文字のリズムを読んでいる。

第3回 ロービジョンの文字の見え方。

第4回 受け手の声を伝える場。


そういえば、講演当日も、参加いただいた方々からかなりの反響があったんだった。「ぜひ高橋さんとアン(Ann Bessemans) さんをいっしょに」と数年越しで企画してよかった、と感激したのが昨日のことのようです。あれからもう一年か!


by type_director | 2019-09-18 03:10 | お知らせ | Comments(0)
募集開始:TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第11期基礎から応用まで

人気の講座の募集です。

しっかりとした根拠にもとづいた欧文書体の選択、日本語版から英語版をつくるさいの注意点、などを盛り込んだ話が聞けます。

「専門教育を受けていなくても、経験が浅くても大丈夫」と講師の高岡さんが言っているくらい、敷居の低いしかし本格的な欧文組版講座です。

詳細とお申し込みは こちら





by type_director | 2019-09-17 12:49 | お知らせ | Comments(0)
Type& 2019 の申し込み受付開始!
今年も、書体や文字について楽しみながら考える2日間、Type&(タイプアンド)開催です。
11月1日・2日の二日間、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスで。

今回もゲストが豪華です。お申し込みはお早めに。詳細とお申し込みはこちらのサイトから。



by type_director | 2019-09-16 06:39 | お知らせ | Comments(2)
1967年製のバス
うちの街に、1967年製のバスの特別運行があったので行ってきました。二週間前から新聞で告知があったのに、朝早いのと雨のせいか、私と息子以外はバスを待ち構えている人は誰もいませんでした。
e0175918_17553461.jpg
Büssing (ビュッシング)社製1967年 Präfekt (プレフェクト)。車体側面中央の四角形の中に書いてあるのは「MTV」で、Main-Taunus-Verkehrsgesellschaft の略です。
e0175918_17562155.jpg
車体側面後方のスローガン「Wir bringen Sie ans Ziel」(あなたを目的地までお連れします)は今でも使われています。
e0175918_22073564.jpg
e0175918_22040964.jpg

Büssing の2文字目の Ü がきれいに収まっています。Gの形がいいです。
e0175918_18042318.jpg
中にも入れてもらえました。
e0175918_17561150.jpg










by type_director | 2019-09-08 17:52 | Comments(0)
グドルンさんの書体を使ったチーズのパッケージ

7月の最初の週と最後の週にはドイツは40度を超える暑さで、しばらく落ち着いたと思ったら8月最後の一週間も晴れて暑い日が続きました。その暑さのピークの間、ちょうど良い気候のときに、グドルン・ツァップ・フォン・ヘッセさんのお宅に伺って、庭でお茶をいただいてきました。

前回の訪問が4月だったのでだいぶ間が空いてしまい、この4ヶ月間にあった私の中国と日本の出張の話もしましたが、最近スーパーマーケットで見つけたこのチーズにグドルンさんの書体 Christiana が使われていたので、二つ買ってグドルンさんに差し上げたら、とても喜んでくださいました。

e0175918_14330409.jpg

お茶の合間に何度も手にとってニコニコ顔で眺めて「よく見つけたねえ」とおっしゃっていましたが、私が見つけたのでなく、この「Q」の字のほうから私の目に飛び込んできて、素通りできなかったのです!と言いました。

「Quäse」の読みは「クヴェーゼ」と書くと近いと思います。Quark=クヴァルク(ヨーグルトのような何か)からつくったKäse=ケーゼ(ドイツ語でチーズのこと)で、脂肪分が少なくて味も淡白、私は杏子のジャムといっしょにいただいたらおいしかったので、グドルンさんにもそうお伝えしました。

以来、このチーズは食べ続けていてうちでは切らしたことがありません。香りがややきついので、口が止められる容器を二重にして冷蔵庫で保存しています。



by type_director | 2019-09-01 07:32 | Comments(0)