人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
多様性の時代の信号

月末にはベルリンに出張に行っていました。ベルリンの街の歩行者用信号で有名なのがこの帽子をかぶった人型 Ampelmann(アンペルマン)または Ampelmännchen (アンペルメンヒェン)で、土産物のモチーフになっているくらいです。

e0175918_15474740.jpg


週末にフランクフルトで見たのは、この Ampelpärchen(アンペルぺアーヒェン)つまりペアになった人型です。

e0175918_16074970.jpg

男性二人が肩を組んで、女性二人が手をつないで信号待ち。よく見ると女性のペアのそれぞれにはハート。

e0175918_16163787.jpg

青になったら男性同士が手を繋いで歩きます。ハートも出て、歩き方も楽しそうです。





by type_director | 2019-06-03 15:43 | Comments(2)
フランクフルトのレーマー広場近くで見た文字

週末に、フランクフルトのレーマー広場に行ってきました。見えている建物はフランクフルト市庁舎です。広場では、警察と消防のイベントをしていました。

e0175918_13463519.jpg

通りを入ってフランクフルト大聖堂に向かう途中の路地は長いこと工事中でした。工事中にも地下鉄駅に来てこの記事を書きました。

当時はまだ駅も未完成で、構内に工事用の資材などが置かれている状態でしたが、今回、駅も地上部分も新しくなっていました。新しいと言っても、レーマー広場や大聖堂に合った雰囲気です。

e0175918_13193053.jpg

Dom/Römer(ドーム/レーマー)地下鉄入口。

e0175918_13273607.jpg
この装飾、「U」は地下鉄、「D」は Dom =大聖堂、「R」は Römer =レーマーを意味していると思います。
e0175918_13273549.jpg

フランクフルト大聖堂。

e0175918_13192946.jpg

お店も立ち並んでいますが、あまり派手な装飾の看板は出さず、伝統的なスタイルの建築物に上手く調和しています。

e0175918_13193065.jpg
e0175918_16284808.jpg
ここでロゴとして使われているフォントは Fette Gotisch(フェッテ・ゴーティッシュ)です。ドイツ語で「太いゴシック体」という意味です。ここで言う「ゴシック体」はこの手のいわゆる「ドイツ文字」のこと。なので、日本で言う「角ゴシック体」は「sans serif(サンセリフ)」と呼ぶと紛らわしくないです。

奥にある薬局もドイツ文字を使っています。

e0175918_13435444.jpg



by type_director | 2019-06-03 05:18 | Comments(0)