人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:お知らせ( 145 )
Neue Frutiger World が Good Design 賞のベスト100・ロングライフ賞を受賞しました

本日、東京の六本木で開かれた授賞式に行ってきました。賞状とトロフィーです。

e0175918_21423124.jpg

エントリーのときに提出した解説の文章から抜粋して、この書体ファミリーの解説とします。

* * *

Neue Frutiger (ノイエ・フルティガー)は、1970年代から30年以上の間、世界各地の空港や駅などで使用されてきた、読みやすさに特化した欧文書体Frutiger のアップデート版です。私とフルティガーさんが共同で開発した書体の1つで、2008年から2009年にかけて制作しました。

フルティガーさんは残念ながら2015年に亡くなられましたが、彼の残したこの書体のコンセプトを基盤にして、ラテンアルファベットの枠を超え、さらに発展してさまざまな言語で展開されているのが、今回受賞の対象になったNeue Frutiger World のシリーズです。もともとラテン・アルファベットの書体として開発されたNeue Frutiger ですが、自然な読みやすさを追求するというコンセプトのもと、東ヨーロッパの言語、日本語・韓国語・中国語にも対応が進みました。いずれも、現地でその言語に親しんでいるデザイナー達との共同作業の結果です。

アドリアン・フルティガーさんの思想、つまり、「文字は情報を伝えるための道具であり、その道具の形が不自然ではいけない、読む人の気持ちを最優先に」という考えを世界中のデザイナーが受け継いでいく。Neue Frutiger World は、そういう意味を持ったプロジェクトでもあるのです。

* * *

そして、いまから10年前に始めた当ブログでも、アドリアン・フルティガーさんとベルンでこの Neue Frutigerの制作をしている時期に書いた記事があります。私がその時に考えたこと、見た風景、Neue Frutiger Condensed の特徴についての解説が収められているので、リンクします。

世界的な書体デザイナーって(3回シリーズ・1)

世界的な書体デザイナーって(3回シリーズ・2)

世界的な書体デザイナーって(3回シリーズ・3)

フルティガーさんと共同作業

フルティガーさん 形を見る眼

Neue Frutiger Condensed 発売






by type_director | 2019-10-31 21:42 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第49回は『英文サインのデザイン』刊行記念 「日本の英文サインのガラパゴス化を止めよう  ― デザイナーにできること」

10月下旬に刊行される書籍『英文サインのデザイン』の共著者であり英文翻訳の専門家である田代眞理さんといっしょのトークです。

デザイナーの視点と翻訳家の視点の両方から、英文のメッセージが伝わるためのより良い方法を探ります。

場所は、東京・青山の青山ブックセンター。

時間は、2019114日(月祝)13001500です。

詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-10-01 18:36 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第48回は 「アートディレクターとタイプディレクターによる ロゴタイプのデザイン」

アートディレクターの葛西薫さんといっしょに、これまで私が関わって形になったロゴ制作のプロセスについて振り返ります。

一番新しいところでは東京造形大学の新ロゴですが、サントリーや虎屋の欧文ロゴ制作時のことなどについてもたっぷり話します。

場所は、東京・青山の青山ブックセンター。

時間は、20191026日(土)18002000です。

詳細とお申し込みは こちら






by type_director | 2019-10-01 18:22 | お知らせ | Comments(0)
出版UD研究会発起人 高橋貴子さんのインタビュー記事

昨年の Type&2018「文字を中心にユニバーサルデザインを考える」でご登壇いただいた高橋貴子さんのインタビュー記事が素晴らしいです。ご本人から紹介していただきました。

高橋さんによれば、Type&の講演がきっかけで、トッパンエディトリアルコミュニケーションズ株式会社のオウンドメディア『TEC-LAB+』の取材を受けることになったのだそうです。


以下、高橋さんのインタビュー記事へのリンクです。

第1回 目が見えない人には通用しない。

第2回 文字のリズムを読んでいる。

第3回 ロービジョンの文字の見え方。

第4回 受け手の声を伝える場。


そういえば、講演当日も、参加いただいた方々からかなりの反響があったんだった。「ぜひ高橋さんとアン(Ann Bessemans) さんをいっしょに」と数年越しで企画してよかった、と感激したのが昨日のことのようです。あれからもう一年か!


by type_director | 2019-09-18 03:10 | お知らせ | Comments(0)
募集開始:TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第11期基礎から応用まで

人気の講座の募集です。

しっかりとした根拠にもとづいた欧文書体の選択、日本語版から英語版をつくるさいの注意点、などを盛り込んだ話が聞けます。

「専門教育を受けていなくても、経験が浅くても大丈夫」と講師の高岡さんが言っているくらい、敷居の低いしかし本格的な欧文組版講座です。

詳細とお申し込みは こちら





by type_director | 2019-09-17 12:49 | お知らせ | Comments(0)
Type& 2019 の申し込み受付開始!
今年も、書体や文字について楽しみながら考える2日間、Type&(タイプアンド)開催です。
11月1日・2日の二日間、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスで。

今回もゲストが豪華です。お申し込みはお早めに。詳細とお申し込みはこちらのサイトから。



by type_director | 2019-09-16 06:39 | お知らせ | Comments(2)
TypeTalks 第47回は、「『目的で探すフォント見本帳』(Typography Books)刊行記念 イメージにあったフォントの探し方」

「高級感のあるフォントを使いたいけれど、どれがいいの?」など、フォント選びで困ったことはありませんか? イメージにあったフォントを探すにはどうしたらよいのか、目的別に紹介した書籍『目的で探すフォント見本帳』の刊行を記念して、その制作チームにフォント選びのコツをうかがいます。

2019年6月1日(土)18:00~20:00

東京・青山の青山ブックセンター本店で。

詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-23 20:11 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第46回は「カリグラフィーの書体の変遷」

ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第46回は、「3回目となる今回のテーマは「ローマからアルファベットを巡る旅」です。ローマ人がローマ共和国を設立した後、上流階級で使われていた、いくつかの書体を見ていきます。

毎回人気の、ミュリエル・ガチーニ先生に語っていただきます。

開催は、2019年4月13日(土) 18:00~20:00です。

場所は、東京・青山の青山ブックセンター。

詳細とお申し込みは こちら





by type_director | 2019-04-06 11:39 | お知らせ | Comments(0)
トークショー「書体の一日学校」

4月21日(日)新潟の三条市に行きます。そこで開かれるトークショーのご案内です。

アートディレクター石川竜太、ベーシックプロダクトスタジオのエフスタイル 五十嵐恵美・星野若菜、そして小林が、3組の視点を語るトークショーです。二部構成になっていて、一部が石川さんと私、そして二部が 五十嵐・星野さんたちと私のお話になります。

詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-05 15:56 | お知らせ | Comments(2)
TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第10期募集開始

この人気の講座も、10期目を迎えました。

この10期からは新しい内容も盛り込んだということで、ますます充実の活版印刷実習です。


詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-05 14:52 | お知らせ | Comments(0)