人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
キットカットと筆記体

数年ぶりにキットカット購入。たまたまスーパーマーケットで塩キャラメル味なるものを見かけたので買ってみました。この写真の上が塩キャラメル4本入り、下は定番のです。

e0175918_01025258.jpg

そうしたら、パッケージの横の「#mybreak」「Have a break」の字が Rosemary Sassoon さんの書体 Sassoon Sans だった。ちょっと温かみがある、ゆっくりした速度のストロークの文字というか、そういうところが一息つくにはいいのかなと。

Sassoon さんは、Sassoon Primary など小学校の低学年向けの筆記体の教育や開発で知られている人で、いまちょうどその Sassoon さんの本を読んでいたところです。書くことに対しての研究で、筆記具の持ち方や身体のねじれからくる痛みについてとか、「the」と書くときの t と h の繋がり方の傾向がどうかとか、ひとりの人の筆記体が年齢によってどのように変化していったかとか書かれています。

e0175918_01025270.jpg

Sassoon さん、これの他にもいろんな本を書かれているようで、こちらのサイトの「Sassoon Books」でどんな本があるか見られます。





# by type_director | 2019-08-21 01:02 | 筆記体 | Comments(0)
戦争と文字の話二つ

数年前から、毎年この時期になると読んでいるのが大岡昇平の『俘虜記』です。今年も、おととい読み終わりました。

『俘虜記』は、第二次大戦末期に召集されてフィリピンの戦線に送られた大岡本人の従軍体験をつづったもので、マラリアにかかって体力の衰えきった著者が、米軍の攻撃によってちりぢりとなった部隊から取り残される形ではぐれてしまいます。生死の間をさまよいながら山間を彷徨するうちに気を失って米軍の俘虜となるまでの体験と、俘虜となってからの自分自身や他の俘虜に対する観察が鋭く乾いた文体で書かれています。

そのなかで、ドイツの俘虜と出会う場面があります。大岡は英語を流暢に話したため収容所で通訳をすることになりますが、あるときドイツの潜水艦の乗組員だった俘虜フリッツがやってきて、多少のドイツ語も話せた大岡は、「俘虜のうちにドイツ語を思い出しておくのも悪くないと考え」て、米軍の収容所長の許可を得てそのフリッツの収容された小屋に1日1時間だけ会いに行きます。

フリッツから書いてもらったシラーの詩を見せられた大岡は「彼はゴシックで綴ったので、二十年全然この外国語から離れた私には読めなかった」と書いています。ここでの「ゴシック」は、日本でのいわゆる「角ゴシック体」(サンセリフ体)ではなく、英語で言う「Gothic」、たぶん私が以前 この記事 で書いたようなゴシック体の筆記体だったために読みにくかったと思われます。


私の家族も太平洋戦争とは無縁ではありませんでした。

私の父は五人きょうだいの末っ子でしたが、長男から三男までは出征して、三男の常(ひさし)は消息不明で戻っていません。私が小学生の時から高校卒業までのあいだ住んでいた狭い家の床の間にいつもかけてあったのは、その常が14歳の時に書いたりっぱな楷書体の掛け軸でした。14歳が書いたと思えないような凜とした線で、見るたびに背筋が伸びるような気になりましたし、今でもその線をありありと思い浮かべることができます。

私は子供ながらに、毎日それを見て文字の力というものを感じ取っていたのかもしれません。

体格検査で不合格となって召集されず終戦を迎えた末っ子の父は、新潟の中心部、古町(ふるまち)近くのカトリック教会にやってきた進駐軍のジープの排気ガスの匂いが好きで、いつもジープが通るのを楽しみにしていたそうです。そんな能天気なところも私は受け継いでいるんでしょう。


# by type_director | 2019-08-15 03:47 | Comments(0)
オランダのマーストリヒト駅の文字
オランダのマーストリヒト駅。
e0175918_04135527.jpg
e0175918_04201552.jpg


駅舎の中で建物と一体になっている文字が良いです。これは事務所と書いてある。オランダ語はドイツ語に近い単語が多いので、だいたいわかる気がします。
e0175918_04154614.jpg

出口。
e0175918_04152595.jpg


入り口。
e0175918_04143748.jpg






# by type_director | 2019-08-11 19:57 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
建物のファサードの文字
今年の夏にヨーロッパ各地を回って集めたものから、建物のファサードに、レリーフ状になって建物とほぼ一体化している文字のコレクションです。板状のものでないから「看板」とはちょっと違うような気がします。

これは郵便馬車の絵。外壁に塗料で描いたものは少しずつ色が薄くなったり剥げてきたりするのですが、こういうレリーフ状のものは鮮やかなまま残っているものが多いです。
e0175918_03012250.jpg
旅行代理店。ちゃんと立体になっているのが分かります。
e0175918_14092422.jpg
e0175918_03241163.jpg


ドイツで。ライン河沿いのワイン酒場。下の行最初の単語は「Weinstube」です。
e0175918_14082752.jpg


オランダのビール醸造所。

e0175918_14204104.jpg
e0175918_03550635.jpg

オランダのホテル。レリーフというのかどうか知りませんが、外壁を少しだけ削り取ったところに白い色をのせています。
e0175918_03395833.jpg
これもオランダです。
e0175918_14082723.jpg
オランダのマーストリヒトの中心部にあるファッションのお店です。
e0175918_03482343.jpg








# by type_director | 2019-08-11 14:07 | Comments(0)
変わり種の歩行者用信号
ちょっと前の この記事 で、フランクフルトの多様性の信号について書きました。今回は、Friedberg という町に、エルヴィス・プレスリーの信号があるというので行ってみた。

ずっと前にうちの家族で一度来たことがある町で、このお城があることで有名です。
e0175918_04092903.jpg
e0175918_04092952.jpg
この町の真ん中にあるこの広場の名前は「エルヴィス・プレスリー広場」。

e0175918_04142335.jpg
今から60年前の1958年から59年にかけて、エルヴィスがこの町で兵役をつとめていたからです。そのときの記録写真がこの広場とか町の博物館とかに飾られています。
e0175918_04094586.jpg
そして信号がこれです。
e0175918_04085784.jpg
e0175918_04102338.jpg
地元の新聞によれば、警察の許可も取っているらしい。




# by type_director | 2019-07-28 03:49 | Comments(0)