人気ブログランキング | 話題のタグを見る
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
[ ] の使いかた

日本では、 ブランドのロゴや案内サインで [ ] という形の括弧をよく見る気がします。()と同じように使っているか、とくに必要ないけれど飾り的に、みたいな使われ方が多い気がします。

先週、このブログのコメント欄で、日本人の名前をローマ字で表記するときにドイツではどのようにするか、現地の人の発音にあわせて変えるのか、というご質問を読者からいただきました。その答えの中で、漢字では同じでも「ナカシマ」さんと「ナカジマ」さんがいる、などの例を出しましたが、そういえば日本の読み方も「ニホン」「ニッポン」と二通りあるなと思いました。

話はちょっとずれますが、イマヌエル・カントの『永遠平和のために』(初版1795年)の1946年版(左)と現代の Reclam 文庫版(右)を見比べてみます。

 [ ] の使いかた_e0175918_23051461.jpeg

1946年版では、日本のことを「Nipon」と表記しています。これだと「ニーポン」のように読まれるかもしれません。

 [ ] の使いかた_e0175918_23051482.jpeg

2013年 Reclam 版では、「Nip[p]on」と p を付け加えています。

 [ ] の使いかた_e0175918_23415944.jpeg

「Nip[p]on」は、出版元が原書の綴りに p を入れて正しく「ニッポン」と読めるようにした、ということになります。

[ ] をつけず p をそのまま入れたのでは、原書とは違うということになるので、編集作業で脱字を補ったことを示すときに [ ] を使います。ほかにも、編集側で解説を入れようと判断した場合にも [ ] でくくってから解説を入れます。1946年版のほうは、原書の綴りのまま出版したものです。

1946年版に使われている金属活字は Breitkopf-Fraktur です。ちょうどカントの世代、18世紀中頃の書体です。



by type_director | 2022-02-27 15:04 | 欧文組版のマナー実例 | Comments(3)
Commented by at 2022-03-03 13:33 x
日本でよく見る [ ] は【 】の代わりで、ちょっと目立たせようとしたのかなと思います。原書に当たる学生・学者でもないかぎり補足や訂正の [ ] を目にする機会は少ないでしょうね。

話が逸れますが、固有名詞の文字間が開いてたり開いてなかったりまちまちで、文庫版も原書のそれを踏襲しているようです。これには何か意味や規則性があるのでしょうか。
Commented by type_director at 2022-03-08 04:52
> 源さん

ご質問をいただき、ありがとうございます。ブラックレターはふつうイタリック体を持たないので、強調のために文字間を空けることが一時期習慣化したことがありました。1946年版も Reclam 版もそれにならっているようです。

手元にある資料から、それに関する部分を日本語にして引用します。ご参考になれば幸いです。
__

「(ブラックレターでは)当然のことながら大文字やスモールキャップだけで組む文章というのはあり得ないし、イタリック体での強調もない。文章の中で強調したい部分は、そこを中太活字(か稀に太字)で組む、あるいは文字間を空けて組むことで可能である。」
『Fraktur Gotisch Schwabacher zeitlos schön』Walter Plata, 1982

「強調の手段として小文字どうしの間を空ける組みかたは、19世紀末に始まった。これは、単語の輪郭のかたちを崩してしまい読みやすさを損なう悪い習慣であり、質の低い仕事の要因になる。」
『Erfreuliche Drucksachen durch gute Typographie』 Jan Tschichold, 1960
Commented by at 2022-03-08 11:24 x
ご説明ありがとうございます。ブラックレターは文字間を空けるぐらいしか強調の手段がありませんが、ローマン体でもそうしていた時期があったということでしょうか。であれば確かにあまり褒められたものではないですね。

あと、本文中の China と違って脚注の China の文字間が空いていたり、最下行の Fischer の文字間が空いているのは奇妙に感じました。わざわざ強調するほどの語句には思えないのですが。