人気ブログランキング | 話題のタグを見る
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
分別リサイクルのための Triman シンボル

ドイツではテイクアウトの食品の容器がどんどん紙のものに代わってきていて、プラスチック容器はほとんど見かけなくなってきました。

きのう、買い物でお昼が遅くなったので KFC で買って持ち帰ることになり、食べ終わってからバケットの横に見慣れないシンボルがあることに気づきました。人型の手の先の矢印がいくつかに分かれています。

分別リサイクルのための Triman シンボル_e0175918_05592691.jpeg

調べたら、フランスのエコロジー協会 ADEME によって2015年に定められた Triman と呼ばれるリサイクルの記号でした。フランスでは現在ほとんどの商品にこれをつけることが義務化されているそうです。案外こういうところは見ていないもので、全然知らなかった。

このシステムは親切で、何をどのコンテナに入れるのかという分別のしかたが分かりやすく図示されています。たとえばこのバケットのパッケージならば、紙でできているフタ、同じく紙でできている胴の部分の両方をリサイクル専用のコンテナに入れるということがわかります。

プラスチックなど紙以外のものならば別のコンテナに入れるようにうながすわけで、こちら でいくつかの例が挙げられています。




by type_director | 2021-12-30 14:55 | Comments(0)