人気ブログランキング |
エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
日本は丸ゴシックの宝庫・看板屋さん実演
5月12日に、大阪で対談とワークショップをしてきました。テーマは、「日本ではなぜこんなに丸ゴシック体が多いのか?」です。まだいろいろ調査中ですが、当日、私がどんな写真を見せていたのか、どんなことをしゃべっていたのか、 こちら こちら からチラっと見ることができます。

私は前座みたいなもんで、主役は、じつはプロの看板屋さんお二人、上林さんと板倉さんでした。去年の10月に取材に行ってからぜったいお願いしようと構想を温めていて、今回やっと大勢の前でお二人との対談と、お二人による看板書き実演ができたんです。

そのとき、看板屋さんが、昔の看板屋さんの字によく見られる古い感じのする字の形を「オジ書き」と言っていました。おじいさんの書き方、というような意味らしいですが、大阪は「オジ書き」の宝庫でした。

新大阪駅南口の「屋外消火栓」の「消」のつくりの部分、頭の毛3本が集中するところがイイ感じです。
e0175918_4401988.jpg

そのとなりの「ホース格納箱」の明朝体もイイです。カタカナを明朝体の漢字の書法で書いているのがたまらないです。
e0175918_449018.jpg


押しボタン式信号です。
e0175918_438768.jpg


「オジ書き」の特徴と思われるユルイ角度のハネが「用」に見られます。また、ひらがなの「し」に点のついたのは、最近ほとんど見ないんですが、大阪では現役でしたねー。

そして、押しボタンの写真右上に写っている、高架の桁下高さ注意の看板、真正面に立ってみる。「下」の字の点の短さとか「制限」のバランスとかイイです。
e0175918_1415020.jpg


カッティングシートやインクジェットの普及で、画一的で個性のない看板が増える中、看板屋さん達は、昔はちょっとバカにして笑っていたこの「オジ書き」をときどき上手く取り入れるんだそうです。

私の準備不足による当日のハプニングをものともせず、涼しい顔で場を盛り上げ、実演をこなしてくださった上林さんと板倉さんはさすがプロ。お二人の味のある文章、 こちら こちら 、そして板倉さんによる補足説明も こちら にあがってます。
by type_director | 2013-05-25 21:27 | 日本の丸ゴシック体 | Comments(0)