エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
東京の英語の情報がなんか中途半端に見える
仕事で、東京と台湾と上海をまわってきのう夕方ドイツに戻りました。

今回、東京では「日本語を読めない外国人観光客の目線」で見てみました。

なんでかというと、日本ではなんか急に自治体や商業施設が力を入れて観光客向けのキャンペーンを展開しているのを感じたから。

都営地下鉄の入り口にも、英語をはじめ数カ国語で組まれたパンフレットとか地図、英語のガイドブックがたくさんある。
e0175918_19582333.jpg


でも、街を実際に歩いてみると、「入り口だけ英語」みたいなのが多くて気になるんです。

新宿区のオフィスビルですが、「INFORMATION」の下にある社名などはすべて日本語。観光客には縁のないところかもしれないけど、仕事で来る人もいるはずです。
e0175918_19315737.jpg


歩いていて、こういうのが足下に現れると、なにを「STOP!」すればいいか、迷わないのか? とか。
e0175918_1933980.jpg


つまり、英文の文章から入ってくるのに、途中からは「日本語がわかることが基本だよね」的な情報がすごく多い気がしてしまう。

商業施設が力を入れて観光客向けのキャンペーンを展開している割には、意外とそこにたどり着くまでが大変だったりするんじゃないかと思ったので、観光客が行きそうなところを回ってみました。江戸東京博物館を出発して、都営大江戸線から浅草線に乗り継いでスカイツリーまで行ってみた。

地下鉄の車内にある地下鉄路線図は、英語でも「SUBWAY MAP」と書かれているけど駅名は日本語で書かれている。日本語を読めない人には厳しいんじゃないか? そろそろ、「ただの飾りだから」ではすまなくなってきているのでは?
e0175918_19385233.jpg


乗り換える駅でホームに降り立つと、なんか乗り換えがややこしそうで、日本語が読めても不安になる。それなのに英語の情報がないとか、観光客はかなり心細いだろうなーと。
e0175918_19382845.jpg


このあと一階分エレベーターで上って改札まできて、やっと英語の情報が出てきましたが、とってつけた的な感じが。
e0175918_1944418.jpg

余談ですが、この「乗り換え」って、地上に出て普通の街の中を200メートル以上歩くんです。私の前の関西方面からと思われる3人の日本人グループもきょろきょろ標識を見ながら歩いてました。

そして、東京で撮った写真を飛行機の中で整理しながらドイツに戻ってきました。

中途半端な英語の情報に対しての記事 「外国人旅行客が戸惑う 日本のスタバの珍風景とは」が こちら に上がってました。これは、利用者目線で書かれた貴重な意見だと思います。

もし観光客に本当によろこんでもらおうとしたら、もっとできることがたくさんあるんじゃないかな? そんなことを考えてます。
[PR]
by type_director | 2016-03-18 10:12 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(4)
TypeTalks 第35回は「ヨーロッパの美しい本と組版:ドイツ在住のタイポグラファーに聞く組版事情」
2016年4月16日(土)の会は、タイプトークス29回でも欧文組版について高岡さんと私と話をした麥倉聖子(むぎくら・しょうこ)さん登場。好評につき、聖子さん中心のトークとします。いつも奇数月に開いているタイプトークスですが、今回は聖子さんの来日に合わせて偶数月の開催となります。

聖子さんは立派にヨーロッパでも通用する数少ない日本人タイポグラファーの一人。欧文書体の選び方や組版形式の決め方など、たくさんきいちゃいましょう。初心者のかた大歓迎、また質問も大歓迎です。

詳細とお申し込みは こちら
[PR]
by type_director | 2016-03-18 09:36 | お知らせ | Comments(0)
ディズニーランドのロゴもブラックレター風
先月、日本でおこなった講演の中で、印象に残った質問がありました。質問には写真が添えてあって、その写真ではイタリアの食材店の外壁にブラックレターで店の名前が書かれていました。いただいたご質問は、ブラックレターはドイツやイギリスの印象が強いのになんでイタリアに使うのか、といった内容でした。

講演の前にいただいていた質問なので、こちらにも画像を準備する時間があり、この写真をお見せしました。そして、信頼感・安定感のイメージを出したい新聞とかではブラックレターがいまだに使われてます、とお答えしました。ここにはアメリカの新聞も、ドイツのもオランダのもフランスのもあります。だから「ドイツのイメージ」とか関係ないわけです。
e0175918_12554034.jpg


書体の文字の形から一般の人が感じ取るのは、まず「時代を感じさせる」とか「近代的」みたいな、どの時代を表現するかみたいなほうが多いんじゃないでしょうか。たとえばブラックレターだったら「歴史がある」「古き良き時代の」という表現だったりもするわけで、そこから、信頼感・安定感につながったり、漠然と「古き良きヨーロッパの伝統」だったりすることもあるわけです。

そこで、講演のときは「ディズニーランドのロゴもどちらかというとブラックレター風です」ともいいました。その時はこのアメリカでもらってきたディズニーランドのパンフレットの写真が間に合わなかったのですが、ドイツに戻ってきて探したら、パンフレットあった! 調べたら、アメリカのディズニーランドはいまも同じロゴを使っているみたいです。
e0175918_1333276.jpg


ここでは、ブラックレター風ロゴが、おとぎ話に出てくるような「ちょっと昔のヨーロッパが舞台」的な演出に一役買っていると思います。ディズニーランドのシンボル的なあのシンデレラ城だってそんな雰囲気だし、シンデレラのお話に出てくるドレスだって舞踏会だって、町並みだってそう。移動の手段だって馬車とかだし。そんな設定に合うのがブラックレター風ロゴ、ぜんぜんアリです。

上の写真の左上の新聞なんか、ディズニーランドと雰囲気がちょっと近いです。

これはドイツのグラフィック雑誌に載っていた、活字のブラックレター書体。もちろんぜんぜん別の書体ですが、縦画が直線でなく少し丸みを帯びて優しい感じです。これもディズニーランドと近いなと思った。
e0175918_1344460.jpg

e0175918_1341622.jpg

e0175918_1334511.jpg

[PR]
by type_director | 2016-03-05 17:53 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(0)