エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
合字(6) tz 合字
二つ前の記事「合字(5)」で、このローマン体活字書体 Baskerville の中の tz 合字について読者からのご質問をいただきました。
e0175918_1815638.jpg

右から二番目が tz 合字。

図版をつけた方がわかりやすいので記事にします。

tz 合字は、もともとはブラックレターで使われることが多かったので、z が下に巻き込む形になっているのも、ブラックレターの書き方です。ローマン体では、ステンペル社の Baskerville みたいに tz 合字を持っている書体は異例で、同じステンペル社でも Garamond の見本では tz 合字は出てこない。

私の本棚の中(そんなに多くない)で、書籍の本文で tz 合字を使っている例。Rudolf Larisch の『Unterricht in ornamentaler Schrift』(第八刷、1922年刊)。
e0175918_16235862.jpg


e0175918_16241913.jpg


7行目の最初「sitzt」は、その前の行からの単語で「besitzt」。9行目の最後の単語「umzusetzen」でも tz 合字が使われています。ちなみに、12行目のは似てるけど tz 合字でなくエスツェットです。「Anstoßes」と書いてある。

こんなふうに書籍全体を通して tz 合字を使った例は、あることはあるわけです。

下は、1950年代のステンペル社の書体見本帳。ここでは活字 Diotima のサンプルで tz 合字を使っています。 tz 合字を備えたローマン体のなかではわりと最近の例。これより最近の時代で tz 合字を持った書体があるか、すぐには思い浮かばない。未確認ですが、有名なローマン体の中ではこれが tz 合字を備えた最後の例なのかも?
e0175918_16244563.jpg

e0175918_1625462.jpg

1955年に出されたステンペル社60周年記念の冊子の本文も、Diotima で組んであってそこに tz 合字が使われていた気がする。本を持っているので確認しようと思ったんですが、残念ながらいま見あたりません…。

これは Diotima のイタリック体。 tz 合字ですが、z のテールを下に巻き込まずに右に流している。
e0175918_16252190.jpg


最近で tz 合字が使われるケースがあるとすれば、たぶん、ほとんどがブラックレターじゃないか。実用的な文章の本文というよりは装飾的な何か、例えばディプロマとか、ロゴとかで。

活字じゃないけど、ビール「Köstritzer」のロゴ。
e0175918_16293189.jpg


tz 合字が使われた「ケース」。
[PR]
by type_director | 2014-03-22 16:18 | 金属活字 | Comments(15)
ハリウッド映画と日本人カリグラファー
今年1月に日本で、映画『47 Ronin』を観てきました。真田広之さんとか柴咲コウさん目あてではありません。

「けいこさんの字が出てくる場面を観るんだ!」という動機から。

イギリスで書家として働いている友達けいこさんは、私の国別「STOP」コレクションに協力してくれたりします。ときどきメール交換もしてます。ついこないだも大阪のお好み焼きの写真とか送ったし。

でも、そんなお好み焼きの写真に喜んでレスしてくれる彼女は、ハリウッド映画に書家や書のインストラクターとして関わっている珍しい日本人でもあります。西洋のカリグラフィのプロフェッショナルというだけでもすばらしいのに、日本語の文字も書ける。

しかも、その制作の裏側や考えたことを、 こんなふう に細かく書いてくれてます。

日本人カリグラファーがハリウッドの役者さんに指導している。映画の場面に映るかどうかわからない小道具一つにここまで神経を使っている。すごいことです。これはけいこさんに提供していただいた、使われている現場の写真。
e0175918_3133838.jpg

e0175918_3114677.jpg

e0175918_311575.jpg


あと、この「壽」は、007『Skyfall』で印象的に使われてた。
e0175918_375360.jpg

開始45分くらいのところで、マカオという設定だったと思うけど、薄暗い部屋の奥の壁に浮かび上がるように映ってました。
[PR]
by type_director | 2014-03-17 18:51 | Comments(0)
合字(5)
2009年6月・7月に書いた「合字」1から4の記事の続き。

e0175918_1320822.jpg

これは、「合字(2)」で使った写真で、読者の方からのご質問にも、こうお答えしています。
「このドイツ語の組版は、Buchdruckmaschinen の ch も ck も1文字として鋳込まれている合字です。」
その金属活字の組版か活字が見せられたらもっと説得力あるのになー、と思ってました。

それで、チャンスがあるたびにドイツの活字の合字を集めてきたので、ここでいっきにお見せします。

この写真のように、 ch、 ck がくっついていないけど「合字」という扱いでそれぞれが1文字として鋳込まれているもの(右二つ)もあるし、左の ck のように、くっついているデザインもあります。それは書体によって違います。
e0175918_17575628.jpg


これはステンペル社の Baskerville(バスカービル)。下の段右から、オランダ語で使う ij 合字、ドイツ語で使う tz 合字。
e0175918_1815638.jpg


これはステンペル社の Garamond(ガラモン) Kursiv つまりイタリック。右から、Qu、ck、ct、tt、fl。
e0175918_18444086.jpg


Qu はこうすることで Q のテールをゆったりのばせる。Q 単体の活字も当然あるんですが、Q の後ろには u が来ることが多いから。 左から2番目の tt 合字って、英語圏ではそんなに見かけない気がするけど、ドイツ語圏ではブラックレター書体とかはけっこう当たり前に tt 合字と ll (エル・エル)合字がありました。

これけっこうインパクトある。
e0175918_1839779.jpg


もう c が縦棒に食い込みすぎてわけわかんなくなってる。
でもリズム感的にはこれのほうがいいわけで。
[PR]
by type_director | 2014-03-16 16:16 | 金属活字 | Comments(2)
TypeTalks 分科会「欧文組版のABC」のおしらせ
タイポグラフィや書体デザインのおもしろさがなるべく多くの人に伝わるよう、いつも質疑応答に時間をたっぷり使う東京・青山でのお話会 TypeTalks。

さらに欧文組版の実践的なことをもっとわかりやすく伝えたいという思いから、 TypeTalks 分科会が生まれました。まずは高岡昌生さんによる6回の「欧文組版のABC」。募集開始しています。

詳細とお申し込みは こちら をどうぞ!
[PR]
by type_director | 2014-03-10 14:16 | お知らせ | Comments(0)
台湾に行ってきた(6)丸ゴシック
台湾にも丸ゴシック体はたくさんあった。でも、この数枚の写真のはしばしに写っているものからわかるように、楷書体が圧倒的に多いです。

町の中で見たもののなかから丸ゴシックをいくつか。これは夜市の屋台。昼間なのでまだ店は開いていません。カッティングシートのようなものを手で切った痕跡がある。「東」がはねてあったりなかったりするところもおおらかで良い。
e0175918_17261673.jpg


スイカのジュースかな? 裏返しですみません。車道側は車とバイク(台湾はバイクが多い)の交通が激しかったので、出られないんです。
e0175918_20585357.jpg


手書きの看板。「アクリル看板」と書いてあるらしい。
e0175918_17274637.jpg


同じ看板、下の部分。他の立看板が前に立っていたので、手書き看板の全体が見えません。立看板の隙間から、かろうじて見えた字。
e0175918_17271269.jpg

[PR]
by type_director | 2014-03-09 09:24 | Comments(0)
台湾に行ってきた(5)出口
台中の大学で講演のため、台北の地下鉄に乗って高鉄(台湾の新幹線)に乗り換える。そのとき、急ぎ足で移動しながらも、何か文字のような見慣れない形をしたものが気になった。
iPhone で撮影、ブレブレです。
e0175918_1719382.jpg

e0175918_17195551.jpg


落ち着いて見ると、それはロゴというか合字というか、「出口 EXIT」が一つの四角の中にデザインされたものでした。
e0175918_22193573.jpg


繰り返して使われているから、地下鉄の中では標準になっているんでしょう。
[PR]
by type_director | 2014-03-09 09:16 | Comments(0)
台湾に行ってきた(4)止まれ
そうそう、台湾でもしっかり「止まれ」見つけてきました。角ゴシックだった。

e0175918_19373566.jpg

[PR]
by type_director | 2014-03-08 11:36 | Comments(0)
台湾に行ってきた(3)マンホールの字体比べ
台湾のまちモジ観察を続けていると、マンホールの「汚水」の「汚」の字体がたくさんあるのが自然と気になってきます。

これは日本で見慣れた字体。
e0175918_19101059.jpg


「汚」のつくりの最初の横棒が離れているもの。
e0175918_144812.jpg

e0175918_1993775.jpg


同様、宋朝体っぽいタイプ。
e0175918_19104044.jpg


つくりの最初の横画がノの字。
e0175918_1925073.jpg


台湾では標準字体としてこちらを教わるらしい。でも「汗」に似てしまうという問題点があると言ってました。
e0175918_191168.jpg
e0175918_1921152.jpg


よく見ると、「北」の字の左側の書き方も違うんです。たくさん見て歩いてたら、日本でどうやって書いていたのかすぐに思い出せなかった。
[PR]
by type_director | 2014-03-08 11:06 | Comments(2)
台湾に行ってきた(2)路上のしんにょう
路上も面白いです。ニューオーリンズも良かったけど、台湾はそれを上回るおおらかさがある。現地の人によると、台湾の人の歩く速度はアジアの民族の中でいちばんゆっくりらしい。「慢」は「ゆっくり」ですが、この字なんか、ほんとうにゆっくりしている感じが出ている。
e0175918_1955229.jpg


「當心」は「小心」と同じ、日本語だと「注意」だそうです。現地の人と歩くと、こういうことを尋ねられるのが助かります。6人くらいのグループで歩いていたんですが、面白すぎてやめられない。
e0175918_1854618.jpg


路上の文字も、形がとくに決まっていないらしい。この「通」のしんにょうとか、2つ目のがいい味出してる。
e0175918_18504146.jpg
e0175918_18511913.jpg

[PR]
by type_director | 2014-03-08 10:47 | Comments(0)
台湾に行ってきた(1)
大学や書店で講演をするため台湾に行ってました。

平均すると朝9時から夜10時までいろいろと動き回り、ホテルでは寝るだけ!みたいな状態の毎日でした。

最後の半日は、空港に行くまでの数時間ある自由時間を、故宮博物館か、下町の散策か選べたので、迷わず下町の散策にしました。

ある規格に従って多数の複製を必要とする場合、台湾の場合、基本ステンシルが多い。まずは私のコレクションのテーマの一つ、消火器。
e0175918_1425777.jpg


郵便ポスト。緑は普通郵便、赤は航空便と速達。
e0175918_14293327.jpg
e0175918_14294574.jpg


これは町のあちこちにある変圧器?のようなもの。
e0175918_14253027.jpg
e0175918_14254510.jpg

てっぺんには「台電」のロゴ。
e0175918_1426024.jpg

地上でなく高いところに取り付けられているタイプ。白が少し飛び散っているところを見ると、緑を塗ってから白の四角を吹き付け、その上に赤で文字という手順を踏んでいるらしい。
e0175918_18411520.jpg

[PR]
by type_director | 2014-03-08 06:21 | Comments(0)