エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
インセプション
ロスアンゼルスの TypeCon での仕事を終えて、ドイツに戻りました。私の仕事は、書体デザインを持ち寄った人に対してマシュー・カーターやジョン・ダウナーと私が助言をしてあげるというもの。これがけっこう周りに観衆が集まるんです。

ロスアンゼルスでは、最後の晩に映画『インセプション』を観てきました。せっかくハリウッドのそばなんだから映画の一本くらい観て来なきゃ、というこじつけっぽい理由ですが、コンファレンス期間中泊まっていたホテルのすぐそばには MGM とか 20th Century Fox とかのビルが建っていたし。

映画『インセプション』最後近くの場面で、ロスアンゼルス空港が出てきます。ディカプリオさん扮する主人公コッブの後ろにぼんやりと写っているのは「Welcome to Los Angeles」の文字(だったと思う)。ロスアンゼルス空港がサイン表示に使っているフォントはぜんぶ Helvetica でした。
e0175918_1527301.jpg


私もロスアンゼルス空港に到着したときにたまたま撮ってました。ピンぼけですみません。けっこう薄暗いところにありました。映画に出てきたのは入国審査のところにあるもっと大きい白い文字でした。
e0175918_15345794.jpg


ちなみに、映画の中に出てくる若い女性の登場人物が、なんか見た目はかよわそうなのにすごいパワーを持っている「アーキテクト」なんですが、その役名が Ariadne(アリアドネ)でした。

ヘルマン・ツァップさんの奥さんのグドルンさんも書体デザイナーですが、彼女がつくったフォントにも同じ名前のがあります。 Ariadne です。スワッシュ(シュッという飾り)がついている大文字だけのフォントなので、イニシャルとして一文字だけ使うとイイです。あとの文字は Diotima とか Palatino とか。Ariadne だけで単語を組むと読みにくいし、並びもうまく揃いません。

このサンプルでは、グドルンさんと私が共同で制作した Diotima Classic Light Italic と合わせました。スワッシュのついた大文字は Ariadne で、残りは Diotima Classic。

e0175918_15413528.jpg


もともとはグドルンさんのカリグラフィ作品ですが、それを Ariadne と Diotima Classic でつくったサンプルです。グドルンさんに見せたら喜んでいました。

e0175918_15461915.jpg


太い字は Diotima Classic Heavy です。
[PR]
by type_director | 2010-08-29 08:03 | Comments(2)
アメリカの TypeCon コンファレンス
ロスアンゼルスからの更新です。TypeCon というコンファレンスのため、8月18日から出張で来ています。

到着したその日の午後は、社長と一緒にホテルから30分くらいかけてビバリーヒルズ地区のブランドショップが建ち並ぶロデオ・ドライブまで歩きました。飛行機の中でほとんど寝ないで仕事をしていたので、30度の気温と強い日差しで目がくらみかけた。途中の店でチョコレートチップクッキーと水で元気を取り戻す。
e0175918_22433195.jpg


この一角だけ、ヨーロッパ風の雰囲気を出そうとしているのが分かります。文字を見て歩くのが目的でしたが、控えめにおさえてあるので、いまひとつ面白味がありません。
e0175918_2246297.jpg

e0175918_22483021.jpg


次の日、19日は夕方のオープニングパーティまで時間があったので、社長も含めてライノタイプチーム4人全員でサンタモニカビーチでのんびり。
e0175918_225388.jpg
e0175918_22563538.jpg


水難救助の監視小屋。
e0175918_22565578.jpg

これは桟橋の上にある店、後ろに見えるのはちょっとした遊園地。やっぱりこういうゴチャゴチャした看板のほうが面白い。
e0175918_2258928.jpg

「HARBOR GRILL」と太い字で組まれている部分は、 Neuland (ノイラントまたはノイランド)です。今年の 6月の記事 でも紹介したけど、手作り感がある。

そのあとベニス・ビーチまで歩きました。これは手書きの看板。アメリカっぽいな−。
e0175918_2395194.jpg


オープニングパーティのあとはさすがに疲れてベットに直行。コンファレンスには昨日8月20日からフルに参加して講演を聴いてます。昨日のテーマは「デイズニーランドのタイポグラフィ」「理想的イタリックについて」「アラビア文字とダンス」「インドの書体デザイン事情」などなど。

夕食後にブラジルからの参加者3人と話をしました。私が数年前にブラジルに行って講演したときもそこに来ていた人たちで、うち二人は学校でも教えている。彼らは目を輝かせて、「勉強して得たものを国に帰ってみんなに伝えるんだ!」と言っていました。

彼らはお金を切り詰めてなんとか TypeCon に参加しています。コンファレンス主催者もその辺の事情は考えていて低所得の国からの参加は割引になるそうですが、「ブラジルでの収入でアメリカのホテルに5日間いるのは厳しいよ。9月にある別のコンファレンス ATypI(エイ・タイプ・アイ)のほうはあきらめた」とも言っていました。こういう人たちがこれからのブラジルの土壌をつくるんですよね。

海外でのコンファレンスに日本からの参加者がないのはちょっとさびしい気がする。日本のデザイナーさん忙しいですよね、でもなんとか来てほしい。ゼッタイ損はしません。
[PR]
by type_director | 2010-08-21 07:40 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(2)
チョコレートの衝動買い!
私はいつも朝7時半に出社します。仕事中おなかがすくので、午前9時ころにチョコレートを食べます。
いま、家の冷蔵庫にはチョコレートがいっぱいあります。

7月26日、27日でチューリヒ出張をしたときに、お客さんとお昼と食べながら「帰りにチョコレートでも買って帰ろうかな」といったら、Lindt & Sprüngli (リント&シュプリュングリ)の工場に隣接したアウトレットが近くにあると言われ、場所も教えてもらって大喜びで同僚と立ち寄りました。もう建物に近づいただけでチョコレートの香りがします。
e0175918_23263626.jpg
e0175918_2327062.jpg

Lindt & Sprüngli のロゴって Times Roman Bold(上)なのかな、と思っていたら  Times New Roman Bold (下)ですね。& の形と P の頭の小ささ、Ü のウムラウトの位置、G の右の縦棒の始まる位置の低さが決め手です。
e0175918_21412095.jpg

こないだのアップルストアさんでのセミナーでも言いましたが、「Times はイギリスの書体だからイギリス以外では使えない」なんて考え方はしません。

さて、店内は当然ですがチョコレートばっかり。これは好きなものを小袋に詰めてグラム単位で買うことのできるコーナー。製品名を示しているのは、パッケージで使っているのと同じフォント、 Optima (オプティマ)です。
e0175918_23274095.jpg

ここでも買ったけど、アウトレットだから「ワケあり」製品があるはずだと思って奥の方まで行ったら、ありました。包装紙のキズや印刷の位置がずれたものなどをまとめてビニール袋に入れたパッケージ。それも買った。

それをまだ食べきらないうちに、こないだ行ったフランスのストラスブールでも、珍しいチョコレートを見つけたので買ってしまいました。
e0175918_23283585.jpg


やっぱりパッケージにひかれるんですよね。あと、このボンヌママンの「ムッシュ・ビスキュイ」なんか明らかに子供向けなんだけど、即買いです! この人形型のが8つ入りで、個別包装されています。パッケージの中にはお絵かきの紙も入っていました。でも、これは大人が食べてもおいしい。甘さが優しいし、バニラの香りも自然のものを使っているそうです。
e0175918_2329446.jpg


マスタードも、フランスはディジョンのマスタードの老舗 Maille(マイユ)にいろんな風味のついたマスタードがあるのは知らなかった。ドイツで見たことなかった。いろんな中から、オレンジとショウガのマスタードと、ピンク色をしたベリー類のマスタードを買いました。
e0175918_013530.jpg


きょう家でベリー類のを開けてみたら、ほのかにベリーの香りで、でも味はしっかり辛かった。ドイツの黒パンに挟んだハムと一緒に食べました。

こないだ日本で「オトナ買い」って言葉を聞いたんだけど、それって「オトナのする衝動買い」ってことなのか? 意味がよく分かってません。間違ってると恥ずかしいので、タイトルとして使うのは「衝動買い」のほうにしておきます。
[PR]
by type_director | 2010-08-16 18:34 | Comments(10)
Gill Sans について
7月31日の記事「紙博物館で見つけた書体カード」で、こういうことを書きました。

日本でささやかれている都市伝説「ヘルベチカはスイスを感じさせる書体」とか、「どこそこの国ではあの書体は使えない」ってのもぜんぜん違いますからね(略)。

そうしたら、このブログの読者でロンドンでグラフィックデザイナーをしている Shoko A さんからコメントをいただき、数回のやりとりをしました。その内容が面白かったので、編集無しでそのまま載せることにします。Shoko A さんには許可をいただきました。Shoko A さん、ありがとうございます!

コメント紹介の前に、まず Gill Sans (ギル・サンズ)について簡単な説明を。

1930 年前後にイギリスのモノタイプ社が出して以来、人気の衰えないサンセリフ体です。デザイナーは石碑や彫刻も彫ったイギリスの有名な芸術家エリック・ギルで、彼はこの他にもいくつか活字をデザインしています。Gill Sans は、ギルがある店のために描いた堂々とした大文字の看板がベースになったと言われています。
e0175918_1617111.jpg

では、ここからやりとりになります。


Shoko A :
「どこそこの国では使えない」なんてことはないですよね。FuturaやBodoniなんて特にどこの国でもいっぱい見かけます。ただGill Sansだけはどうしてもすっごいイギリスっぽいって思うんですけど、どうでしょう?やっぱりペンギン(注)のせいでしょうかね? イギリスのデザイナーもそこを意識して、イギリス的な内容のプロジェクトのときにここぞと使ってますよ。
(注:ペンギン・ブックスというペーパーバックの書籍シリーズ。表紙に Gill Sans を使っていました。)


小林:
Shoko A さんはもうご存じだからこんな説明しなくてもいいと思いますが、ちょっと補足させてください。

みなさん、上のコメントを読んで「イギリスなら何でも Gill Sans 使っておけば間違いない」みたいに勘違いしないでくださいね。

確かにイギリスでは Gill Sans はよく使われていますが、書籍の本文とかキャバレーの看板まで何でもっていうわけじゃないんですよ。Gill Sans を選ぶときに、「すっきりしたサンセリフ体」「読みやすい」「大文字が碑文のような堂々とした感じ」「見慣れていて親しみがある」みたいな要素が求められていて、そこでいくつかの候補から Gill Sans が選ばれる、というようなことだってあるはず。

どこの国でつくられた、みたいなことは最優先の条件じゃないんです。機能や見た目で選んでいる、っていうことをお忘れ無く。イギリスの書籍の本文が Garamond だったりすることもあるし、イギリスのキャバレーが必ずしも Gill Sans じゃあない。タイポグラフィって「イギリス= Gill Sans 」みたいに簡単じゃないですよ。


Shoko A :
おっしゃる通りです。説明が足りなくて誤解を招くようなコメントになってしまい、失礼しました!

もちろん「イギリス= Gill Sans」みたいに簡単ではないです。例えばDerek BirdsallとJohn MorganデサインのCommon Worship Book(教会での祈禱書)に使われているGill Sansは、イギリスらしさを意識した選択ですが、プロジェクトの初期には別の書体(Universe, Bell, News Gothic)も試した上で、識別性や、文の構造との相性、ボールド、イタリック体とレギュラー体の関係などいろいろ考慮した結果、Gill Sansが一番適していると判断した上での選択だそうです。

どこの国で作られたっていうのは、ほとんどの場合書体を選ぶ理由にならないです。見た目の印象はもちろん、キャラクターセット、スペース効率、二種類以上の書体を使わなくてはならない場合その相性など、書体を選ぶ上でもっと大切なことは沢山あります。

どの書体がいつの時代にどの国でどういう背景でもって生まれたかなんて、ヨーロッパ人のグラフィックデザイナーでもけっこうあやふやな人がいっぱいなのが現状ですよね。かえって、下手に知識がない方がいい判断ができることもあるのかもしれません。


小林:
Shoko A さん、細かいフォローを有り難うございます! やっぱりわかってましたね。

じつは日本の人からよく「学校で書体の出自が大事だと習いました」って聞くので、それは全然違うよってハッキリ言っておく必要があると思って。


コメントのやりとりは以上です。


ところで、先日フランスに行ってきました。フランスのツーリストインフォメーションは Gill Sans でした。
e0175918_140361.jpg


これは銀行の ATM 。これは Bold Italic ですね。
e0175918_1423462.jpg

e0175918_16172351.jpg


Gill Sans って、こんなふうにフランスで見るとフランスになじむんです。違和感がない。なんか、役者さんで、その役柄になりきることができる人っていますよね。演じている本人でなく、その劇の中の人がそこに実際にいるみたいな。

そういう書体が長く生き残るんじゃないでしょうか。
[PR]
by type_director | 2010-08-12 06:51 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(5)
あの ITC ロゴをベースにしたフォント
往年の ITC (International Typeface Corporation)ファンのかた、お待たせしました。
e0175918_2094935.jpg


この懐かしい ITC ロゴをベースにしたスクリプト体フォント Elegy (エレジー)ができました。

私もちょっとだけ最終段階で関わらせてもらいました。最初に開発の話を聞いたときは、単なるウケ狙いかと思ったけど、こんなに良いフォントになるとは。

ITC といえば、1970年代のアメリカのグラフィックデザインの最先端にいたハーブ・ルバリンさんがアートディレクションをした『U&lc』(アッパー・アンド・ロウアーケース)という雑誌や、斬新なサンセリフ体フォント Avant Garde Gothic (アバンギャルド・ゴシック)、70年代の定番 American Typewriter (アメリカン・タイプライター)などの見出し書体で時代をぐいぐい引っ張っていってましたね。

見出し書体が一段落した後は、ITC Stone (ストーン)など本文用フォントでもしぶいロングセラーを出してます。そういえば改刻版 ITC Stone II もつい最近リリースされました。

日本のデザイン雑誌で、今年「ITC はつぶれた」のような内容の記事が書かれていましたが、ちゃんと続いてますよ。私なんか、 自分が ITC から出したフォント (Woodland とか) のロイヤリティ、滞りなく毎年もらってるんだもん。
[PR]
by type_director | 2010-08-06 12:44 | Comments(0)
バーゼルのローマ博物館
8月です。あっという間です。ドイツ涼しいです。きょうの最高気温19度の予想。
e0175918_13312297.jpg

先週、フルティガーさんとの打ち合わせの帰りに、バーゼルの アウグスタ・ラウリカ博物館 に立ち寄ってきました。古代ローマ時代の碑文がごろごろ置いてある。
e0175918_13345562.jpg

こういうユルイのもあってけっこう気に入りました。
e0175918_13375020.jpg

円形劇場も一部が残っています。
e0175918_13395553.jpg

ここでは表示に ITC Stone (ストーン)ファミリーを使ってました。碑文が置いてあるところは誰でも入れる。
e0175918_13521976.jpg

e0175918_1346447.jpg

同じ骨格で、セリフ体、サンセリフ体、インフォーマルという展開をしたフォントファミリー。それをこんなふうに3カ国語表記で使っているのは始めて見た。
[PR]
by type_director | 2010-08-05 06:24 | Comments(2)