エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Stempel Garamond と Palatino
きのう、ヘルマン・ツァップさん宅におじゃましていろいろ話をしてきました。

ツァップさんが設計した金属活字の Palatino の見本(1950年前後)その他をちょっと前にツァップさんからいただいたんです。それを家でながめていて気になったことがあったので質問してきました。気になったのは下の写真のいちばん右のシートです。
e0175918_19532415.jpg

Palatino (頭文字 P)とその姉妹書体 Aldus (頭文字 A)の間の行に、Stempel Garamond のアルファベット(頭文字 G)が挟まっています。A から Z まで並べて、その長さの差を比べています。黒い塊は、いちばん長いものとの比較で、これだけ短くなっていますよ、というのを分かりやすくするため。
e0175918_19541759.jpg


ききたかったのは、「なんで比較の対象が Stempel Garamond だったんですか?」

ツァップさんの答えは簡単でした。「そのころいちばん売れていた書体だから。」

予想通りの答えでした。今でも、Stempel Garamond の デジタル版 の売れ行きは好調で、ライノタイプ・モノタイプ・ITC の1万書体以上ある中で、 Futura に次いで12位です。活字時代(発売は1925年)からのロングセラーなんです。Palatino は7位だった。

話は変わって、長男が友だちから借りてきた本。表紙はこんなふうに男の子ウケしそうな感じのイラストですが...
e0175918_2042996.jpg


中を覗いてみたら、Stempel Garamond できっちり組んであって感心しました。読みやすい。大人向けの本よりもやや文字サイズが大きめです。
e0175918_4505938.jpg


「1592年のガラモンのオリジナル活字をベースに設計された正当派」で知られていた Stempel Garamond は、活字時代からドイツのステンペル社が誇る主力製品でした。だから、ツァップさんの本文用書体もそれと比べて長いとか短いとかということが検討されたわけで。

「Garamond はフランスでしか使えない書体」なんてことは決してありません。私はこれまでドイツでじつに多くの本が Garamond で組まれているのを見ています。

Palatino とその姉妹書体 Aldus の改刻版は、ツァップさんと私が共同で設計しました。その辺のことは、私の本『欧文書体2』でも少し触れています。書体見本はこちら。
Palatino の改刻版
Aldus の改刻版

子供の春休みに合わせて31日から休暇を取ります。次の更新は4月11日以降の見込みです。
[PR]
by type_director | 2010-03-30 17:01 | Comments(7)
Comic Sans を使ったパッケージ
画像のない記事が3つ続いちゃったので。

先週末に買い物に行ったときにスーパーマーケットで見た Comic Sans です。こないだのリサーチ協力があってから、Comic Sans が目に入るようになってきました。

これは穀物のおかゆみたいなもんか? 1.99 ユーロ。高級感とか飾り立てた感じがなく、素直にありのままを表現しているみたいなパッケージです。
e0175918_14195428.jpg

[PR]
by type_director | 2010-03-29 07:07 | Comments(0)
『デザインの現場』4月号が発売
『デザインの現場』4月号が発売になったそうです。
これをもって休刊なので、さよならイベントとかも開かれるみたいですよ。詳しくは こちらへ。

私の連載の最終回は「書体デザインNG集」。AXIS フォント欧文のボツ案とか、ツァップさんとの仕事での試行錯誤のあとなど、ここでしか見せられないものを載せてあります!

これまでの「欧文書体のつくりかた」連載をまとめて書籍化の予定です。まだ先の話ですが、そちらもお楽しみに!
[PR]
by type_director | 2010-03-28 13:30 | Comments(2)
今井直一氏著の『書物と活字』について
前にこのブログでも紹介した『文字の骨組み』の著者、大熊肇さんの新しい本『文字の組み方』を著者ご本人から送っていただきました。寄席文字についての部分など大熊さんに尋ねられてちょこっと助言をしたので。

『文字の組み方』は、主に和文の組版や書体のことが書いてあって、初心者にも分かるように図版が多いです。書体として発売されている楷書や隷書などを実際の書道の筆法と比較するところなんか面白いし、仮名をやたらにツメるとどうして不自然かなんていうのも納得のいく説明で印象に残りました。

この本の参考資料として、今井直一氏の『書物と活字』についての解説があって、ちょっと気になる部分があったので大熊さんにメールしました。

大熊さんはそのあとで、今井直一氏をよく知る嘉瑞工房の高岡重蔵氏に話を聞きに行って、そのことについてご自身のブログに書いています。すばらしい行動力です。その辺の話はこちらへ。

そのブログの他の記事にも書いてあるけど、大熊さんは「Futura はナチスの書体」説を聞いたあと4年間 Futura を使わなかったらしいんですが、それが事実でないことが分かって堂々と使うことにした、という人です。

タイポグラフィにまつわる変な都市伝説、日本では多いですからね。新たな都市伝説を生み出さないために、ちゃんと検証するというのは大事だと思います。
[PR]
by type_director | 2010-03-27 18:02 | Comments(0)
履歴書と書体 
約一年前にこのブログを始めました。その時の記事には、
書体は特定の国の雰囲気を持ってるの? 3回シリーズがありました。

そして約3年前に「ここにも Futura 」を始めた目的もそうですが、「なになに書体はどこそこの国では使えない、それを知らないで使ったら大問題になる」みたいな日本でささやかれていた誤解を無くすためです。

ただ、いちど広まっちゃったのは、それがいかに事実と全然違うものであっても、なかなか無くならないんですよね。

そういえば、あれどうなったかなーと思い出したので検索してみました。

ある英文履歴書の書き方指南のサイトに、「Futura はナチスドイツで生まれた」からユダヤ系企業には使えないとか、「フランス料理のメニューには Bodoni は使わない」のようなことが欧米人の共通認識であるかのように書いてあります。

じつは、そのサイトの運営をしている会社に、事実とまったく違うから書き換えてはどうか、と提言したことがあるんです。いま文書ファイルを見たら2007年6月でした。

BBCニュースの「Helvetica 50歳」に寄せられたコメントを引き合いに出して、履歴書の書体のせいだけで不採用になることがもしあるなら、Futura について警告しているけど、Helvetica や Comic Sans を嫌う人もいることは載せないのか、落とされるのは同じでしょ、というようなことを書きました。

もちろん、言いたいのは、実際に採用を決定するのは内容であって、Helvetica や Comic Sans や Futura のせいだけで落とされるなんてありえないでしょ、ということです。ていうか Helvetica や Futura をコーポレート書体にしている大企業はけっこうあるし。

けっきょく提言は受け入れられませんでした。いまも同じような内容が載っています。

その文章を書くのに何時間もかけたんですが、水の泡でした。でも別に今すぐでなくとも、それは時間が経てば分かることだと思います。20年前から言われていた噂なら、消えるまで20年かかるのかなと。

3年前の私の文章は、こう結んであります。

「時々日本の学生から、書体デザインを海外で学びたいがどうすればいいか、と相談を受けることがあります。その人達が海外に渡り、そこで書体デザインの勉強を始めたとき、書体がイデオロギーと密接に結びついているかのような変な先入観を持っているために方向を間違うようなことがあってはいけないと思います。
 書体デザインやそれについて学ぶということは、そういうことではありません。それを伝えるために私は本も書きましたし、日本の人からの質問についてできるだけ丁寧に答えます。」

この考えは今も変わりません。
1年前をふりかえって、このブログの最初の記事を見ると、こう書いてあります。

「知らないから恐い」じゃなくて、最初は「知らなくても感じる」でいいんですよ。そのうち「知れば知るほど面白い」になりますよ。

これからも、コツコツこういう事を書きます。ちょっとカタイかもしれないけど、とっても大事だと思います。上のようなメールを書くことも、あと何十回あるかもしれないなーと気が遠くなりますが。

このブログの読者のみなさんも、変な噂を信じている人に出会ったら、笑って「違うんじゃない?」と言ってあげてください。小林ってのがこんなブログ書いてるよって。

そうすることで、「タイポグラフィの怖さ」みたいな変な噂が消えるまで20年かかるところを、15年とか10年にできるかもしれない。

(追記:私が2010年3月にこの記事を書く時見た履歴書のサイトは、2010年4月10日にもういちど見たときに無くなっていました。また、同じ管理者のウェブサイトで、2007年の私の提言を受けて改善されたページもあることがわかりました。つみれさん、情報のご提供ありがとうございます。)
[PR]
by type_director | 2010-03-24 06:03 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(8)
Comic Sans についてのリサーチ
会社では私は書体デザインをしているだけでなく、ときどきインタビューに応じたり営業では手に負えないデザイン方面の質問に答えたりすることがあります。ほとんどは欧米からの質問です。

きょう、こんな「リサーチの協力願い」がありました。原文は英語です。

「なぜ Comic Sans MS は多くのデザイナーから嫌われるのか」
e0175918_143527.jpg

サポートの社員から、調査に協力するかどうかの打診を受けたので、喜んで協力するよと言いました。

質問が4つあって、それに対する私の回答を要約すると以下のようになります。

「Comic Sans MS が悪い書体だとは思いません。1万以上ある書体の中で、最高のクオリティとは言われないだろうけれども、中庸というところじゃないか。だいたい、『悪い』書体なんてものがあるのかどうか。どんな書体にも個性があります。Comic Sans で辞書を組んだとしたら、それは目的に応じた使い方をしなかったというだけのこと。子供向けの本に Comic Sans が使ってあるのを見るけど、そんなに違和感ないよ」

じゃあ、実際はどうなのか。ちょっと前に BBC ニュースのホームページに「Helvetica 50歳」の記事が載ったときの読者からのコメント欄にも、Comic Sans を嫌う意見があったなーと思い出して検索してみた。

ハッキリと名指しで嫌う人の意見を数えたら4つ載っていた。ハッキリと書いてないけど嫌いと言いたそうなのが1件。言葉の使い方からみて、コメントを寄せた人の多くはデザイナーではないようです。

うちひとりは、Comic Sans を「大人の仕事場や履歴書には使ってほしくない」みたいなことを書いていた。それについての反論が1件だけあって、その人は「中身より外見で判断する人とは仕事したくないから、あえて履歴書に Comic Sans を使っている」そうです。自分の履歴書なんだから好みの問題と言えばそれまでですが。ちなみに、残りのコメントは「Helveticaはクールだ」みたいなのが多いけど、Helvetica を嫌いな人のも1件ありましたよ。

BBC News の記事とコメント

Comic Sans リサーチの結果は教えてもらうことになっているので、結果がアップされたら、このブログからもリンクしようと思います。
[PR]
by type_director | 2010-03-23 22:47 | Comments(3)
空港のサイン・Univers と ITC Stone Sans
用があってフランクフルト国際空港まで行きました。この建物で主に使われている書体は2種類あります。

空港としての機能に関わってくる、例えばフライト情報やゲートの方向などは Univers の 55 Roman かな?
e0175918_16454561.jpg


建物そのものに取り付けられている文字は、運営している Fraport という会社のコーポレート書体であるITC Stone Sans の Semibold と Semibold Italic だと思います。
e0175918_0213165.jpg
e0175918_0215878.jpg
e0175918_022158.jpg


Univers と Stone Sans、どちらも最近バージョンアップしました。
Univers Next
ITC Stone Sans II です。

どこが違うのか簡単に説明すると、「Univers」を改刻して63ウェイトにファミリー拡張したさいに「Linotype Univers」として97年にリリースしたのですが、その後の改刻のシリーズにはすべて「next」「nova」の名前をつけているので、「Linotype Univers」じゃあ改刻版なのかどうかわからない、という問題が出てきたからです。名前を付け替えただけでなく、字形とスペーシングの微調整を私が監督しています。

Stone Sans II のほうは、オリジナルのデザイナーであるサムナー・ストーンさんがモノタイプ・イメージング社の協力で改刻とファミリー拡張をしています。最初のバージョン「ITC Stone Sans」はたった3ウェイト(Medium, Semibold, Bold)だったけれど、今回の改刻で6ウェイトに増えました。また、これまで無かったコンデンス体も6ウェイト追加です。
[PR]
by type_director | 2010-03-21 13:48 | Comments(4)
新聞ロゴのコンパクト化
ヨーロッパやイギリスでは、大手の新聞がコンパクトになる傾向があります。ドイツの日刊紙『Frankfurter Rundschau』がおととしあたりからフォーマットを小さくしています。

下に敷いたのが2003年のもの。上のはつい最近のもの。
e0175918_14372919.jpg


ロゴもコンパクトになっていることがわかった。
2003年のはこうでした。
e0175918_1439129.jpg


いまは「Frankfurter」と「Rundschau」との間にスペースがない。でも読めるね。
字もスリムになったし、形も変えたみたい。全体的に軽くなってます。

e0175918_14405162.jpg

[PR]
by type_director | 2010-03-17 17:28 | Comments(0)
書体見本マニア5:Italian
友だちからのメールで知りました。
新潟の懐かしい味をテレビで特集していて、その中に「イタリアン」という新潟市のソウルフードとも言えるわけのわからない食べ物が1位で紹介されていたそうです。去年新潟に帰省したときも、B級グルメブームで流行っているらしいと聞きました。

太めのソース焼きそばのようなものにトマトソースがかかって、フォークで食べます。味についてはうまく表現できないんですが、こちらのサイト左側の「イタリアンって何?」でちょっと想像できるかも。

私が高校生のころはファストフードというものが無かったので、仲間と外でなにか食べようとすると、そういうのしかなかった。「イタリアン」というネーミングがせいいっぱいのおしゃれだった昭和の味です。イタリア人がその「イタリアン」を食べたら、「違うだろ!」って言うに決まってます。だいたいモヤシとかショウガとか入ってるし...。

書体のスタイルでも、19世紀に「イタリアン」なるものがありました。

19世紀の印刷物を見ているとたまに出てくる、太いところと細いところが逆になった、いわゆる「逆転の発想」セリフ書体。でもスッゴク読みにくい。イタリアの人がこれで文章を読んでいたとは思われない。1900年以後の印刷物になるとほとんど見かけなくなります。

e0175918_1463075.jpg
e0175918_148148.jpg
これもイタリア人から「違うだろ!」と言われそうです。
[PR]
by type_director | 2010-03-15 01:48 | 書体見本マニア | Comments(2)
発音についての話(2)
私は英語もドイツ語もうまくなくて毎日苦労してるので、あまり偉そうなことは書けませんが、ちょっとだけ発音についての話を。ボロが出ないよう短くまとめます。

セミナーで、Futura の読み方は「フツーラ」が正しいのか「フーツラ」か、と尋ねられたことがあります。

Futura の読み方は、日本では昔から「フーツラ」と「フ」にアクセントをおきますが、英語圏、ドイツ語圏では「フツーラ」のように「ツ」にアクセントをおいて後半を伸ばして読みます。

でも、日本人が日本人に対して話したり書いたりするときにそんな些細なことにこだわってもしょうがないし、カタカナでの表記にも限界があります。彫像などの台座 plinth も王子様の prince もカタカナにすれば「プリンス」としか書けない。

日本人どうしで書体の話をするときに混乱しなければどちらでも良いと思いますよ、と答えました。

では、「フツーラ」式の表記をしたとして、別の書体 Bodoni はどうなるでしょう。英語圏やドイツ語圏では「ド」にアクセントをおいて発音します。だから「ボドーニ」と書くことになっちゃう。

日本では「ボドニ」で通っているなら、日本人と話すときには「ボドニ」と言って、英語で話すときには「ボドーニ」と発音していれば問題ないわけで。逆をやっちゃうと外国の人には通じないし、日本人からはカッコつけすぎと思われるという最悪の結果が予想されます。

つまり、書くときはこれまでの慣例的な表記と適当に折り合いをつけておいて、しゃべる時には日本人には日本語式の発音で、英語での会話の時は英語式の発音で、というふうに使い分ければ良いんじゃないでしょうか。

私の名前 Akira を欧米の人が発音すると「アキーラ」になっちゃう。そう呼ばれても「発音が違う!」とか言いませんよ。

でも、日本人から「アキーラ!」と呼ばれると、引くと思います。
[PR]
by type_director | 2010-03-11 06:08 | Comments(4)