エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
寄席文字の体験、福岡で!
日本から戻ってもうすぐひと月になります。日本ではいろんな人に会えたし、講演会やTDC審査会で会った人たち、ワークショップに参加してくれた人たちとその後も連絡などしています。今朝もそのうちの一人にメールしました。こういうつながり、仕事と関係なく、ただ嬉しいんですよね。

今回の日本での心残りは、また落語に行かれなかったこと...そのかわり、橘流寄席文字の一門さんの口添えがあって千社札の納札会をのぞかせていただきました。会場は鳶(とび)の方とかが多くて、あまり写真とかバチバチ撮ってると張り倒されるんじゃないかと思って隅っこの方でおとなしくしてました。隣に座った方からしきたりなどについて親切に教えてもらいました。

私の2年前のブログに、落語と寄席文字についての こういう記事 があります。そのときの写真貼り付けます。これが寄席文字。場所は新宿末廣亭、番組表は橘流一門の方による手書きです。あれからもう2年か。
f0109051_1754512.jpg
f0109051_17543386.jpg


そこにも書いたとおり、私が書体デザイナーとしてこうして働いているのは、寄席文字から学んだことも大きいと思っています。本にも書いたけど、寄席文字の教室で一門の方から教わったことと、その数年後に世界的な書体デザイナーのマシュー・カーターさんから聞いた言葉とがまったく同じだった。

その橘流寄席文字の体験が、12月9日に福岡でできるそうです。 これこれ

講師は橘右女次(うめじ)さんで、この方には私も教わりました。納札会でも挨拶してきました。右女次さんは飄々としていて、せっかちなのか、書いている途中によくしゃべる。さっさっと手が勝手に動く感じで、あっという間にできあがった文字は見事。なんで?って魔法を見ているようです。福岡周辺の皆さん、要チェックです。

そういえば、ひと月前、日本にいるときに 雪さんとのインタビュー で寄席文字の話もしたっけ。寄席文字と勘亭流とは違うよって。寄席文字は落語の文字、勘亭流は歌舞伎の文字です。相撲は相撲文字。それが分かると世界が違ってくるよ。とくに、デザイナーさんちゃんと分かってよって。「書体 Bodoni はイタリア関係にしか使えない」みたいな根拠のない噂話とは全然違います。そんな話に振り回されている人は こちら へ。

なんかインタビューは欧文書体についてというより脱線の話が多かったような...なので、その部分が本になるかどうかは分かりませんが。
[PR]
by type_director | 2009-11-28 11:17 | Comments(2)
ツァップさんの使っていたペン先メーカー
11月20日の金曜日、同僚と一緒に、いま進行中の仕事の打ち合わせもかねてツァップさん宅を訪問してきました。こないだ91歳になられたばかりのツァップさんは相変わらずお元気で、3時すぎから6時半くらいまで話し込んできました。

9月に私のカリグラフィの友達3人といっしょにおじゃましたときのことを、奥さんが「あの日は本当に楽しかった」と何度かいっていました。私はカリグラフィについて深い話ができるようなレベルじゃないんですが、3人の通訳としてそんな話をいろいろさせてもらいました。

その時にツァップさん夫妻に聞いたペン先のメーカー Heintze & Blanckertz、お二人が昔よく使っていたそうです。「戦前はベルリンに大きな工場があったんだけど、戦争の爆撃でやられてそれ以来やっていないはずだ」という話でしたが、調べてみたら、うちから車で20分くらい、タウヌス山を越えたところで細々と続けているのを見つけて、10月にペン先を買いに行っていたんです。今のお店は木でつくった細工物が中心で、事務の人が3人しかいなかった。「ペン先を買いに来ました」と言ったら、お店の人にけげんな顔をされました。ペン先も5種類しかありません。それをツァップさんの誕生日にあわせて贈りました。
e0175918_2140157.jpg

「もうなくなったんだとばかり思っていたよ」とツァップさんは嬉しそうでした。
[PR]
by type_director | 2009-11-22 18:06 | Comments(0)
良質で繊細な感じの食品パッケージ
スイスのスーパーマーケットチェーン、Coop が数年前から展開している「Fine Food」シリーズは、ちょっと高めの値段設定で厳選された素材を提供するのがねらい。ときにエキゾチックな素材の組み合わせで冒険をするところも面白い。スイス出張の時にときどき買っていた、紅茶の葉を入れたビターチョコレートがおいしかったんだけど、最近出ていないから買ってない。なのでパッケージ写真なしですが こちらをご覧ください。

パッケージの色は銀をベースに黒の帯が入り、書体は伝統的で落ち着いた Copperplate Gothic(カッパープレート・ゴシック)。グラフィックも控えめ。
e0175918_23425420.jpg

食品パッケージのデザインというと、暖色系の赤とか黄色とかで、書体も太めの手書きふうのものが多いけれど、そんなところに静かな「Fine Food」シリーズのパッケージは新鮮で落ち着いた感じがします。

ドイツでも、最近スーパーマーケットチェーンの REWE が似たようなコンセプトのシリーズを出しました。 「Feine Welt」(良質な世界)。「Feine Welt」ロゴそのものは FF Dax(ダックス)ですが、パッケージとそれについてくる小冊子などその他の部分の書体は Futura Light(フツラ・ライト)です。繊細な感じが効いてます。
e0175918_23454622.jpg
e0175918_23461794.jpg

[PR]
by type_director | 2009-11-21 15:40 | Comments(0)
書体の名前:Nimrod と Ysobel
ときどき、「書体の名前ってどうやって決めるんですか?」って聞かれます。私が読んだ書体デザインの本の中では、自分の結婚相手や娘の名前、ゆかりのある地名などをつけるというのが昔は多かった。最近はいろいろあって、覚えてもらいやすいからか、短めの名前が多いかも知れません。

先日、英国モノタイプ社のロビン・ニコラスさんと会ってたっぷり話をしました。ニコラスさんは、私の好きな書体のひとつ Nimrod (ニムロッド)を1980年にデザインした書体デザイナー。こうやって大きくするとなんか不格好なんですが、小サイズで読みやすい。
e0175918_2251026.jpg

私がロンドンに住んで英語やカリグラフィの勉強をしていた時に使っていた辞書の本文書体が Nimrod で、辞書をめくりながら、こういう書体をつくりたいなーと思っていた。辞書は英会話学校に通うときに持ち歩いていたのでぐしゃぐしゃですが、いまも使ってます。
e0175918_22512846.jpg
e0175918_22515776.jpg


ニコラスさんの最近つくった書体が Ysobel (イゾベル)という風変わりな名前なので、由来を聞いてみました。

英国の作曲家エルガー(1857–1934)の「エニグマ変奏曲」のなかに『Nimrod』というタイトルの曲があって、その曲がとても美しいメロディで好きなので、それから書体名 Nimrod をもらったから、それに関わりのある名前ということで同じ「エニグマ変奏曲」から『Ysobel』とした。ちなみに、ニコラスさんによれば、Nimrod は狩りの名手の名前、Ysobel はエルガーの弟子 Isabel で、彼の愛人だったんじゃないかっていう噂もあるそうです。

「しかも、『Ysobel』って Ys で始まる書体名なんて珍しいだろ? すぐに覚えてもらえると思ってね」ということです。

それを聞いて、うちにエルガーの「エニグマ変奏曲」のCD(André Previn: Royal Philharmonic Orchestra)があるのは思い出したんだけど、20年くらい前に買って、同じCDのなかの『威風堂々』しか聴いてなかった...わりと地味な印象の「エニグマ変奏曲」は一回しか聴いていないことを白状しました。ニコラスさんに、「最初は取っつきにくいかも知れないけど、いいよー。『Nimrod』聴いてよ!」と言われたので、家に帰って聴いたら、なんか聴き覚えがある。どこで聴いたのか?確かに心に残る旋律で好きになりました。

そういう書体名の付け方ってかっこいいな。でもやったことないなー。
e0175918_2252212.jpg

[PR]
by type_director | 2009-11-21 14:56 | Comments(0)
書くときの数字と印刷用の数字(3)
このテーマで書いた 二回目 に続いて、また数字の話。

書き文字の数字1のサンプルがたまたま集まったので載せます。これはこないだスイスのベルンで泊まったホテルで。チェックインの時にもらうカードにホテルの人が書いてくれた「331」と「9.11」と「11.11」。331号室、11月9日から11日までの宿泊、ということです。11 がきれいにつながっている。やっぱり左のくちばしはベースラインからぐっと上に持って行くのが基本のようです。
e0175918_0353846.jpg

写真はいちおう撮っておいたけど、この一枚だけじゃ記事にならないな、と思っていたら...

出張を終えて家に戻ると、うちの長男が学校から注意をもらってきた。黒字は担任の先生(フランス生まれ)が書く「11.11.」。ループが入っている。
e0175918_0365695.jpg

[PR]
by type_director | 2009-11-15 14:29 | Comments(0)
AXIS フォントの欧文
Type Project の鈴木功さんの依頼で私が基本ウェイトを制作した AXIS フォントの欧文、こんど日本語の部分抜きで、欧文フォント単体として発売だそうです。その告知の載っている Type Project さんのサイトはこちら
ちなみに、コンデンス体やイタリック体などは岡野邦彦さんのデザインです。岡野さんのブログは こちら。英語版もあるので海外の人が見ているらしい。

AXIS フォント欧文、東京でも使われているのを見かけると写真に撮っておきたくなります。東京 TDC の審査会では、私も審査員として参加していたんですが、最終ラウンドで決選投票の番号札に使われていました。

これは某日、都内某所で。たまたまその鈴木功さんと夜の街を歩いていて出くわしました。
e0175918_16373880.jpg

[PR]
by type_director | 2009-11-13 06:33 | 小林章の欧文書体 | Comments(0)
フルティガーさんと共同作業
11月9日から11日までスイスのベルンに行って、フルティガーさんと共同作業をしていました。

フルティガーさんに見せるために 『Pen』の「世界デザイン遺産」特集号を日本で買ってきたんですが、ベルンに持っていくのを忘れてしまいました...フルティガーさんにはその話をしただけでしたが、とてもよろこんでました。次回、たぶん11月の下旬、またベルンに行きます。そして今度こそ一冊手渡そうと思います。

フルティガーさんとの共同作業の話、日本で10月31日に出版UD研究会主催の講演で話しました。日本でも欧米でも同じように、みんな「フルティガーさんは神様」みたいに手の届かないところにいらっしゃると思っているようなので、ぐっと身近に感じてもらうように作業の合間のスナップ写真をたくさん見せたんです。それが評判が良かったみたい。また、Neue Frutiger 制作課程でのエピソード、私のミスで小文字 o の左側のアキが 61/1000 で右が 60/1000 になっていた、つまり o がほんの少し右に寄り過ぎだったのをフルティガーさんが文章組を見て「アキラ、o が真ん中になっていないぞ」と指摘したことも話しました。フルティガーさんに今回その話をしたら「まだ覚えてるよ」と言ってました。

ほんわかした、しかし品質に対しての目は厳しい、フルティガーさんの人柄を伝えることができたと思っています。

フルティガーさんとの作業は、フルティガーさんのチェックが終わってから翌日朝までが勝負です。今回は、こんなふうでした。

まず朝のうちにホテルのフロントのかたに「午後1時に戻るから、それまでに清掃を終えてもらえるようにしてください」と言っておきます。フルティガーさんのチェックが終わったら、ホテルにかんづめの覚悟で、どこかでお昼と夕食を買ってホテルに戻ります。食べながら作業です。午後6時ころ大文字・小文字・数字の修整が全部終わり、それから大文字・小文字にアクセントをつけた字種の作成。それが10時半ころ終わって寝ます。念のために目覚ましはかけますが、翌日の朝、目覚ましが鳴る前、5時前に目がひとりでに覚めます。目が覚めるともう二度寝ができないたちなので、シャワーを浴びて、朝食の時間まで、その日にフルティガーさんに見せるための印字見本用 PDF 作成。朝食はいつもホテルで一番です。印字見本用 PDF 作成中にも、見落としていたいろんなミスが見つかるので、結局は出発の時間ギリギリまで印字見本の作り直しをしてます。印字見本を USBメモリに保存して、ホテルを出る支度をして、9時に市電に乗り、駅ビルのなかのコピーセンターに行って USBメモリからレーザープリンタで見本を出力、そのあとバスに乗ってフルティガーさんのチェックを受けに行く。チェックが終わってベルン駅に向かい、午後1時の列車でドイツに戻る...という具合。

これは作業最終日にベルン郊外で撮ったものです。Frutiger がきょうも世界のどこかで働いています。
e0175918_13124098.jpg

[PR]
by type_director | 2009-11-13 05:04 | Comments(0)
Schinkenzwiebelmettwurst(24文字)
日本でもドイツでも、スーパーマーケットに行くのが楽しい。
2週間の日本出張を終えてドイツに戻り、久しぶりに見るドイツの食べ物が珍しく感じます。こんなふうに長い単語を見ると、やっぱりドイツだなって思う。一つの単語で24文字だ!
e0175918_1338899.jpg

これは、「シンケンツビーベルメートブルスト」=パンに塗るための豚肉の生挽肉。うちの長男の大好物です。スーパーマーケットのよりは、やっぱり肉屋さんで新鮮なのをパンに挟んでもらって食べるのがおいしい。生タマネギは食べる直前にのせます。そうでないと挽肉の色が悪くなる(肉屋さんから聞いた話の受け売りです)。

日本でこの「ドイツでは生で食べる豚挽肉がある」という話をすると、びっくりされることがあるけど、「ネギトロみたいなもんだ」と説明します。知っている人は知っていて、日本ではタルタルステーキとも言うらしいです。
[PR]
by type_director | 2009-11-06 05:14 | Comments(4)
特集「世界デザイン遺産」に Frutiger
きのうドイツに戻りました。時差ぼけで朝早く目覚めました。外は冷たい雨が降っています。

これは私の日本出張最終日の11月2日、新潟の実家から千葉にある弟の家に移動の途中、東京駅の本屋さんで撮った写真。この日発売の雑誌『Pen』の特集「世界デザイン遺産」のひとつにアドリアン・フルティガーさんの書体 Frutiger が選ばれています。もちろんこのあと買いました。
e0175918_134354100.jpg


日本に来る前に、ベルリンにいる日本人ライターから私は1時間ほど電話インタビューを受けていました。ライターのかたはけっこう細かいことまで調べていて、本当はフルティガーさんにも直接インタビューしたいという意気込みだったんですが、残念ながらその時ちょうどフルティガーさんが体調を崩されたので取材はできずじまいでした。

Frutiger の記事は1ページだけですが、そういった思いが凝縮されています。
[PR]
by type_director | 2009-11-04 05:40 | Comments(1)