エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:未分類( 443 )
Runkel の文字(2)

Runkel の城の続きです。

だんだん霧が晴れて日が差してきました。

e0175918_14484593.jpg
e0175918_14162590.jpg
e0175918_14171265.jpg

城を出ます。入り口にあった新聞受けもブラックレターです。

e0175918_14172507.jpg

城の周りにある建物。
e0175918_14200902.jpg

壁に騎士と Runkel の紋章が描かれています。この絵ではややかすれ気味ですが、実際の紋章は盾の左上の六分の一くらいが青色です。

e0175918_14173822.jpg

城を背に、川縁に降りていく急な坂道。これはカメラのレンズのせいでこう見えているのではなく、こういう形に角度のついた建物です。

e0175918_14485749.jpg

この町 Runkel は、私が持っているガイドブックなどには紹介されていない。近場で何かないかなと思って適当に探していてたまたま見つけた町です。ヨーロッパには、こんな古城と城下町がまだたくさんありそうです。

e0175918_15200412.jpg








[PR]
by type_director | 2017-10-20 14:44 | Comments(0)
Runkel の文字(1)
Limburg の東で Lahn 川沿いにある小さな城下町、Runkel に行ってきました。
e0175918_14191443.jpg
右の橋は1448年にできたもので、城の中の展示室にあった復元模型を見ると橋の途中に見張り塔があったそうです。橋のたもとにある建物に取り付けられていた銘板には、1998年にこの橋が550歳を迎えたことが記されています。
e0175918_14160271.jpg

13世紀に建てられた古城の入り口。中に入ります。
e0175918_14200204.jpg
e0175918_14424106.jpg
塔のてっぺんに上ります。朝のうちは霧が出ていました。
e0175918_14421613.jpg
e0175918_14192523.jpg

城の中にも入ることができます。
e0175918_14201742.jpg
武器などの展示室への入り口を示す「Eingang(入り口)」の文字。
e0175918_14202439.jpg
e0175918_14175110.jpg
展示室には、甲冑や大砲などもありました。
e0175918_14193647.jpg
e0175918_14183827.jpg
大きな大砲の鋳物の砲身には、「1703」と製造年らしいものが記されています。
e0175918_14180274.jpg
「A」の字の真ん中の横棒はV字型になっています。
e0175918_14195171.jpg
e0175918_14161136.jpg






[PR]
by type_director | 2017-10-20 14:15 | Comments(0)
Monschau の文字

休暇で、ドイツ西側の端でベルギーとの国境近くにある町 Monschau に行ってきました。

e0175918_03141393.jpg

歴史のある建物が多く残っています。

e0175918_03140074.jpg

町の紋章。
e0175918_02424318.jpg

この教会の尖塔の途中の字は…

e0175918_01283772.jpg

Gill Sans でした。

e0175918_01305297.jpg

このカフェの字は Baskerville Old Face です。

e0175918_14512979.jpg


このホテルの文字と装飾とが見事に合っています。「Hotel Alte Herrlichkeit」と書かれていて、最後から4文字目は k です。

e0175918_14550224.jpg
e0175918_01103569.jpg

建物の雰囲気と文字とが合っています。

e0175918_01371767.jpg
赤を使った建物が多いような気がする。
e0175918_14504733.jpg

川縁なので湿気が多いらしい。晴れた日なのに石畳がぬれていて、落葉の色が鮮やかに見えます。

e0175918_02423127.jpg






[PR]
by type_director | 2017-10-18 02:30 | Comments(0)
クリアファイルに見る Linotype ロゴの変遷

先週、オフィスの部屋の棚を整理していたら、Linotype 時代のクリアファイルが出てきました。そういえば、私が Linotype 社に入る前の古い書類などを処分するさいに、ハッと気づいて取っておいたのでした。なんとなくロゴの変遷がわかる。

黄ばんでいるのもあるので、ン十年経っているんじゃないでしょうか。

e0175918_21272155.jpg






[PR]
by type_director | 2017-10-05 21:22 | Comments(0)
高岡重蔵氏の思い出(2)映画館の文字
先日亡くなった高岡重蔵先生が若い頃に観たという映画を、いま片っ端から観ています。フレッド・アステア主演の『イースター・パレード』など、たいていはアメリカの映画。白黒の作品も多い。

観ているうちに、最初のタイトル部分だけでなく町のシーンなどで看板や標識が出るたびに「この文字を見てドキドキしたんだろうな」などと想像してしまいます。映画のなかで出てくる町の様子もそうだけど、ほんの一瞬しか映らないレストランの名前、ショップウインドウの文字、ネオンサインや八百屋の看板などを、憧れを持って見ていたんだろうな。ビデオやDVDなどない時代、劇場に行って、その一瞬を目に焼き付けるしかなかった。

こないだアメリカのボストンに行ったときに、ホテルの近くに映画館があったので、映画『Dunkirk』観てきました。ドイツで一回観ているのですが、英語版でもう一度と思って時間をつくって行きました。
e0175918_21210614.jpg

外観は近代的なビルだけど、映画館の部分は歴史のある建物らしく、たぶん昔のままにしてあるんでしょう。アメリカなのに「THEATRE」と英国式綴りになっている。

中に入ると、昔からある書体 Della Robbia を使っていて良い雰囲気。「Della Robbia」はいま一般的にこう呼ばれているけど、うちの本棚にある1915年の Stephenson, Blake & Co. 鋳造所の見本帳では Westminster Old Style となっているし、他にも確か Cantoria とも呼ばれていた…こういう話を重蔵先生とすると止まらなかった。重蔵先生の頭の中の引き出しには、そういう話が無尽蔵に入っていました。
e0175918_20255067.jpg
e0175918_20255505.jpg
e0175918_20253937.jpg
まあ、Aの裏返しはご愛敬ということで。

やっぱり映画館の文字はこうでなくちゃ。







[PR]
by type_director | 2017-09-24 20:23 | Comments(0)
高岡重蔵氏の思い出

私の大事な先生であり常に憧れと尊敬の対象であった高岡重蔵氏が9月15日に永眠されました。


6年前に書いたブログ記事にリンクします。

重蔵先生の亡くなられる前日の晩、重蔵氏のこの本を読み返していました。


それに続いてちょっとした思い出話も書いたんだった。こちら








[PR]
by type_director | 2017-09-18 13:12 | Comments(0)
ボストンの消防博物館
週に一日、土曜日にだけ開いているボストン消防博物館に行ってきました。

2年前にはデンバーの消防博物館に行っています。消防博物館はこういう手書きレタリングの宝庫なので、去年のシアトルも消防博物館を調べてあって行きたかったのですが、街歩きツアーのほうに参加しました。

今年は消防博物館に行くぞと思って狙ってました。この橋の中ほどの三角屋根の建物はボストン茶会事件博物館ですが、それを横目に通り過ぎます。
e0175918_10125505.jpg
コンファレンス会場から20分くらいで到着。
e0175918_09385445.jpg
1792 年ころの、手で押して水を運ぶものらしい。自転車くらいのサイズで、当然人は乗れない。
e0175918_10211577.jpg
「Fountain Engine」と書いてあった。1835 年ころのもの。
e0175918_10132390.jpg
側面に回るとこういう手書きのレタリングの字が残っている。
e0175918_09384855.jpg
赤のぼかしの部分がたまらない。
e0175918_11012320.jpg


数字も良い味出してます。
e0175918_10540168.jpg
e0175918_10540037.jpg
e0175918_11082951.jpg











[PR]
by type_director | 2017-08-27 05:50 | Comments(0)
ドイツのいろんな看板
この10日間くらいで、ドイツのいろんな町の店の個性のある看板が集まったので並べてみます。
「Die Kartoffel」(ジャガイモ)という名前のレストラン。
e0175918_17373553.jpg

薬局。
e0175918_03503347.jpg
これも薬局。この二番目の字は Ö です。O に小さい E を重ねる書き方で、前に この記事 でも書きました。
e0175918_03503430.jpg
e0175918_14422449.jpg


レストラン「金獅子亭」。
e0175918_04224975.jpg
こちらはクリーニング屋さんです。
e0175918_04024588.jpg
「Mannsperger」と書いてある気がする。がらんとした事務所みたいになっていた。
e0175918_17373527.jpg
本屋さん「Supp」です。この u の上の線はアクセントというわけでなく、昔の慣習で n と間違えないようにという目的でついたものです。すぐ上の写真のような筆記体だと n だか u だかわかりにくいから。
e0175918_04051658.jpg
これは二つ前の「Mannsperger」よりも読むのに時間がかかった「drugstore」。最初の字がなんだかわからないと、そこでつまづいて読み取りにくいと感じてしまう。
e0175918_04105496.jpg







[PR]
by type_director | 2017-08-22 19:35 | Comments(0)
ハイデルベルクの窓
ハイデルベルクに行ってきました。
e0175918_17373534.jpg
e0175918_17412902.jpg
e0175918_17373443.jpg
ドイツの伝統的な家屋などでは、たいていガラス窓の外側を覆うこのような雨戸的なものがついています。
e0175918_03134495.jpg


フランスやスペインあたりだと、ブラインドのような細かい庇の入った金属製の鎧戸(よろいど)を目にすることが多いんですが、ドイツではこのような木製のものが一般的で、建物の外観のアクセントになるようなきれいな色が塗ってあります。ドイツ語ではこの外側の扉のことを「Fensterladen」と呼んでいます。これにあたる日本語はちょっと探したけれどわからなかった。英語にすると「window shutter」となり、それを日本語にすると「シャッター」なので意味が違ってしまいます。

ハイデルベルクでは、この Fensterladen の一番上の部分に、飾りのついた穴が空けられているのに気づきました。通気や明かり取りの目的なのかな?それぞれの建物で衣装を凝らしたものがあって面白いと思ってちょっとコレクションしてみました。

e0175918_03170405.jpg
e0175918_17373631.jpg
e0175918_17373774.jpg
e0175918_17373822.jpg
e0175918_17395387.jpg










[PR]
by type_director | 2017-08-13 17:36 | Comments(1)
「100人がこの夏おすすめする一冊 2017」開催中

東京の青山ブックセンターで開催中の「100人がこの夏おすすめする一冊」フェア。100人の中に私も選ばれました。

私のおすすめは、ときどき読み返してしまうこの本。西岡常一ほか著『木のいのち 木のこころ』です。




[PR]
by type_director | 2017-08-06 14:25 | Comments(0)