エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
新潟で見た「注意」の標識

イースター休暇で家族みんなで日本旅行の最中です。私は新潟にいって、ほぼ毎年開催しているお話会をしてきました。

昨年タイミングが合わず開けなかったため、今年は早い時期での開催となりました。会場の北書店には、夜8時の話会の開始1時間前に到着して、店長の佐藤さんに「こういう本を探してるんだけど…」と相談したら、いまは古本でしか手に入らないようなものまで集めてくれて、合計で10冊くらい購入。

話会は、毎度のメンバーも新しい顔ぶれも混じって、デザイナーでない人が半分くらいいる。毎回そうですが、私が一方的にしゃべるのでなくいきなり質問だけの話会。全然デザインに関係のない参加者からも、デザイナーからも、すごく良い質問が出るんです。毎回どんな話になるのかまったくわからない状態で行くわけですが、今年も面白かった。終わったのが夜中を回っていました。私の方でも情報をたくさんもらいました。

翌日は、参加者からいただいた情報をもとに、カメラを持って市内の沼垂(ぬったり)四つ角へ。目的は、この角にもう数十年は置いてあると思われる手作り感のある「注意」の標識。

えっ、ここか!というようなところに置いてあった。

e0175918_15174959.jpg
e0175918_15173609.jpg

上がアーケードなので薄暗くなって気づかなかったと思うんだけど、高校の時、何百回とここをバスで通り過ぎているはずだし、歩いて脇を通ったこともあるのに。

e0175918_15173039.jpg

しっかりとした楷書体で書いてある。反対側に回ると、右側には「徐行」の字が見える。

e0175918_15175457.jpg

この標識はたぶん、信号のなかった時代に交差点の真ん中に置いて使ったんでしょう。新潟に来る前に見ていた、昔の古町のこの写真みたいに。古町のは移動が簡単なように台車がついてる。両方に共通するのは、楷書体で書かれていたという点。古町のは「STOP」さえもが楷書体っぽい。

そういえば、昔の標識の資料で、楷書体を使った図を見たことがある。こういう標識というのは、丸ゴシックに統一される前は楷書体で書かれるのが普通だったのかもしれない。




[PR]
by type_director | 2017-04-09 15:11 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)