エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
公共サインについて感じること(2)情報をそのまま届けること

前の記事では、日本のサインで左右を縮めて無理矢理おさめてしまった例を見ました。では、ドイツでは長い単語や名前をサインや標識にするときにどうしているんでしょうか。


ドイツでは、日本と違って交差点の名前が信号の脇についていることは普通ありません。よく見かけるのは、道路名の標識です。すべての道路に名前が付いているからです。ドイツには長い道路名があるので、コンデンス体が一般的です。最初から縦長の字形でコンパクトに収まるように設計されている書体です。


これらは標準的な長さの道路名。

e0175918_03480185.jpg
e0175918_03083770.jpg


長い道路名も、短い道路名もあります。


これは長いのと短いのが一本のポールに取り付けられた例。

e0175918_03104681.jpg


裏側に回ってみました。文字が書いていない側です。そうすると、プレートを固定する枠の存在がよりハッキリ見えてきます。

e0175918_03111413.jpg


当然ですが、プレートの部分だけではなくて枠も表示用の板にあわせて長い枠がある。プレートの長さが先に決まっているのでなく、情報の量にあわせてプレートも枠も変えるという考え方です。


ドイツでは、そして私の見てきた多くの西洋諸国では、情報を読み手に届けることが最優先。


ある量を持った情報を、一定の高さの文字で表示する。文字はもともとコンパクトに設計された書体をそのまま使う。そのとき、情報を途中でよけいな変形をさせずにそのまま伝えようとすると、ある長さが必要になる。だからそれに見合った長さを選ぶ。道路名の長さだっていろいろあるから適した枠を選ぶのは大変だろうけど、肝心の情報つまり文字の形をゆがめるという発想はない。


枠の長さは何段階かあるんでしょう。さらに、中途半端な長さでも対応できるように長さを調整できる枠まであります。標識とその取り付け器具の製造業者のサイトから転載します。(引用元サイトはこちら

e0175918_03240799.jpg


つまり、情報がそのままの形で届くよう、周りがちゃんとフォローする。そういう仕組みが整っている。


こういう文化で育った人の目に、日本の多くの英文サインで無理矢理つめこんだ例はどう映るでしょうか。情報を届けることが優先されているように見えるでしょうか。




[PR]
by type_director | 2016-08-21 03:57 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
Commented by mariesophie at 2016-08-22 23:35 x
日本では多言語併記のサインがこれからどんどん増えていくと思うので、言語間の見え方のバランスもとても大事になってくると思います。

最近もある多言語の注意書きで、英語だけ文字の見え方が弱かったのが気になりました。

その言語で情報を得る必要のある人が、無理なく読めるサインが増えてほしいと思います。そのためには適切な書体の選択はもちろん、場合によっては情報の量自体も吟味する必要があると思います。情報が詰まりすぎのサインは、サインとしての機能も弱くなってしまうように思います。
Commented by type_director at 2016-08-24 14:19
marisophie さん、コメントありがとうございます。たしかに、量そのものの吟味も大事ですね。最初から読む気を起こさせないくらいの長い文章もありますからね。
「無理なく読めるサイン」がほしいという意見に同感です。