エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
「ここにも Futura」10年

私が書いている別のブログ、「ここにもFutura」がきょうでちょうど10年です。

ブログを始めるきっかけは、最初の記事から抜粋すると、こうです。


「Futura(フツラ)という欧文書体があって、他のサンセリフ書体 Helvetica(ヘルベチカ)や Frutiger(フルティガー)、Univers(ユニバース)と同様に世界中どこに行っても使われているんですが、日本では Futura について『ナチスを連想させる書体』だとか、『ドイツやユダヤ人社会では使用に注意』などというとんでもない噂話が広まっているようです。

それ(Futura の海外での使用例)がたった1枚の写真でも、日本の方に安心してもらえるみたいなんです。それならいっそ Futura の使用例のスクラップブックみたいなものをつくって、身のまわりでどれだけ頻繁に使われているかを記録してみようと思いつきました。


それから、あちこちに旅行や出張で行くたびに、Futura の使用例を撮っては記事にしてました。それらの記事を、ざっと振り返ってみようと思います。

まず2009年6月の記事から。

「休暇で行ったフランスのストラスブール。この街は、 欧州議会欧州人権裁判所 が置かれていることでも知られています。最近新しくなったストラスブール駅。旧駅舎をすっぽりガラスのドームで覆ってあります。この、いわばストラスブールの玄関でお出迎えするのが Futura。」

f0144064_420659.jpg
f0144064_2554424.jpg


2013年8月の記事は、フランス中部の町 Troyes(トロワ)です。

f0144064_23454048.jpg


スイスでも。2008年6月の記事です。

「5月23日から25日まで、アドリアン・フルティガーさんの誕生会のためにベルンのホテルに泊まっていました。そこのホテルではロゴが Futura でした。」

f0144064_137261.jpg
f0144064_1373688.jpg
f0144064_1382977.jpg


2007年11月の記事から、ニューヨークで見た風景。

f0144064_6024100.jpg
f0144064_6291219.jpg
f0144064_61119.jpg
f0144064_6122230.jpg


2014年8月、アメリカのワシントンDCから更新した記事は、TypeCon という書体デザインのコンファレンスの話。Futura の活字見本について話があり、とうぜんですが、「ナチスの書体だ」とか「ドイツやイスラエルでタブー」のような話は、講演者からも会場からも出ませんでした。

f0144064_23471758.jpg

そして、その「ドイツやイスラエルでタブー」と噂されたイスラエルからもこのブログに協力してくれる人がいて、このあとでリンクを張るインタビューにも答えてくれたしイスラエルでの使用例も送っていただきました。2008年10月の記事から。

f0144064_19362720.jpg
f0144064_1940167.jpg

他に協力してくれたみなさんにも感謝です。

雑誌『デザインの現場』での私の質問に答えてくれたみなさんも、ありがとうございます。そのインタビュー記事は転載の許可を取っているので、こちらで全文が見られます。

書体が特定の国やイデオロギーの象徴になる、などという考えはセンセーショナルで広まりやすい。でも、書体にそんな特別な意味はないんだよ、普通に使って良いんだよ、という話には意外なところがないので広まりにくいんです。これからも時々は欧米の新たな潮流の話をおりまぜながら、普通のことは普通に伝えようと思います。






[PR]
# by type_director | 2017-06-22 04:09 | 書体が特定の国の雰囲気? | Comments(0)
モダンな建築物に合うローマン体
モダンな建築物に合うローマン体ってなかなかないと思うんですが、昨日通りかかったここは非常に好印象でした。この建物はヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学 Physik(物理学)棟。場所はフランクフルト郊外に数年前新しく開発された、住宅地と教育施設が一体になった街区です。
e0175918_19553407.jpg
アドリアン・フルティガーさんの Meidien です。これをベースに、2008年にフルティガーさんと一緒につくったのが Frutiger Serif です。
e0175918_19554360.jpg

この大学のシンボルであるゲーテの顔もフルティガーさんがデザインされたと聞いています。





[PR]
# by type_director | 2017-06-06 12:49 | Comments(0)
公共サインについて感じること(5)英文の情報を頼りにする人の目で見ると

日本の公共サインについて、このブログでちょくちょく書いている、やたらに左右の幅を狭くしている件。たとえばこの記事では、縦線は横線より太くつくるのが欧文デザインの基本であって、縦画が細くなってしまった場合に見た目に安定感がないし読みづらいと書いています。

今回の日本出張で利用した羽田空港のモノレール。

e0175918_22591609.jpg

国際線ビルのモノレール駅ホームなどに掲げられている案内を見てみましょう。日本語の部分ではなく、英文の情報だけを頼りにする人の目になって見てください。

これは到着階からモノレールのホームに上がる手前のエスカレーター。やや斜めから見たらこんな感じです。

e0175918_22593145.jpg

真っ正面から見てもこれです。

e0175918_23020764.jpg


エスカレーターでホームに上がったら、モノレールが来ています。
e0175918_04062348.jpg
e0175918_04061137.jpg

これに乗って良いの? これが浜松町・都心方面に行くのかどうか、すぐにわかるでしょうか。






[PR]
# by type_director | 2017-05-28 16:36 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
口の大きさ(2):「口」とカタカナの「ロ」
いま出張で日本にきています。

先月書いた記事の、この「口」。現代の私たちがもっと大きい「口」に慣れたからこれが小さく見えるということを書きました。
e0175918_20294852.jpg
今回気づいたのですが、その写真のほぼ真上くらい、新宿西口の地上にはこれがあったので撮りました。
e0175918_22274220.jpg
e0175918_22315641.jpg
こんなふうに漢字の「口」の隣にカタカナの「ロ」が来る組み合わせは珍しい。並べてみると、大きさや角の丸め方をちゃんと変えているのがわかる。この書体「ナール」から漢字の「口」が大きくなったと思う。

そしてきょう、その書体をつくった中村征宏さんとの雑談や文字を描く会を大阪で内輪で開いてきました。じつは今年二月に開かれた中村さんとのお話会では、私がまさにナールの漢字の「口」とカタカナの「ロ」との違いについて質問もしていたので、中村さんご本人にもこの写真を見ていただきました。

「書体を作ったときには意識していなかったけど、こうしてみるとカタカナの『ロ』は少し小さく描いているんだね!」と、ご本人も驚いた様子。

きょうの会の盛り上がったようすの一部を、そのうち動画で見られるようになるかもしれません。その時はここでもお知らせします。


[PR]
# by type_director | 2017-05-21 22:16 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)
グドルン・ツァップさんの展覧会(2)
今年3月のこの記事で書いた、フランクフルトで開かれているグドルンさんの展覧会に行ってきました。

3月末に開かれたオープニングイベントにも行っていたのですが、その時はゆっくり展示物を観る時間がなかったので、先週カリグラフィ関係の友達と一緒に行ってきました。

会場の入り口のポスター。グドルンさんご自身がデザインされました。書体はAlcuin です。
e0175918_05233653.jpg
ゲーテ博物館の常設展示の室内のところどころにグドルンさん作品が展示されているという形で、紙にペンで書いたカリグラフィ作品以外にも、ブックバインディング(本の装丁)の仕事の実物や鋳物の作品が置いてあるのが貴重です。

これはゲーテ博物館の図書館のドアにかけられていた「図書館入り口」の文字。真鍮で鋳込まれています。
e0175918_05234134.jpg
書体デザイナーとして、あるいはカリグラファとしてグドルンさんのお仕事が知られることが多いのですが、この展示ではブックバインディングの仕事もちゃんと見せています。
e0175918_05235041.jpg
会場では、ガラスケースに収められているので手で触れることができないのが残念ですが、グドルンさんのお宅で実際にさわらせていただいたことが何度かあり、革装の本が同じ革のケースにすうっと収まるときの感触がたまらないです。ケースの口の上に向けて、そこに本の端を入れて手を離すと、本がそれ自体の重みでゆっくりと下に降りていく。グドルンさんに以前お話を伺ったとき、この直線の金箔の箔押しの時は、定規など使わずに、長い棒に真鍮の円盤状のものがついている道具で付けるのだそうです。棒の端を右肩にあてて両手に持って箔を押しつけているところの写真も見せてもらいました。

そしてこの、グドルンさんの書体 Diotima の大文字を使ったタイトル部分に目が釘付けに。スペーシングが完璧なのです。
e0175918_05234778.jpg
この文字部分の箔押しはどうやっている?熱を加えるから鉛の活字では難しいのでは?一文字一文字押しつけていってこの完璧なスペーシングが可能なのか?といろいろ疑問が。

この展覧会のあとまたグドルンさんのお宅にお邪魔してうかがってきました。そうしたら、印刷用の金属活字を使っているのだそうです。もちろん金属活字はわりと低い温度で溶けるので温度に気をつけなくてはいけないけれど、そこさえ気をつければ大丈夫で、スペーシングは数文字単位で活字を並べて押しつける道具があってそれも見せていただきました。写真を撮るときにぶれてしまいましたが、これです。
e0175918_05520285.jpg
一列全部を一度に押しつけることはせず、「PLUS ULTRA」は3回に分けて「PLU」「S U」「LTRA」と押しているそうです。

それにしても、スペーシングが美しい。ずっと見ていたくなる。文字ひとつひとつの美しさも大事だけれど、文字の「間」も同じくらい大事だということが、この一行からよくわかります。
e0175918_06321660.jpg





[PR]
# by type_director | 2017-05-10 05:05 | Comments(0)